トップ >  ヘッジファンド運用会社ポリゴンの共同創業者、運用担当を退く―運用成績悪化の影響か

ヘッジファンド運用会社ポリゴンの共同創業者、運用担当を退く―運用成績悪化の影響か

ヘッジファンド運用会社ポリゴンは、信用収縮の影響からファンドの運用成績が悪化しているが、同社の共同創業者が運用担当を退くことになった。
ヘッジファンド運用会社ポリゴン・インベストメント・パートナーズ(運用資産額60億ドル)の共同創業者であるアレクサンダー・ジャクソン氏は、運用担当の立場から身を引くことに合意した。同社の「Polygon Global Opportunities Fund」は、運用成績が年初来マイナス4%となっており、投資家から相次ぐ償還請求を受けていた。成績悪化による引責辞任との見方も可能だが、辞任の理由は明らかにされていない。同氏は転換社債(CB)アービトラージ戦略のほか、債券アービトラージ、キャピタル・ストラクチャー・アービトラージ、リスク管理などを担当している。運用の現場からは離れることになったが、今後はパートナーとして同社に籍を残す。Dow Jones
Polygon Co-Founder To Relinquish Investment Responsibilities



ヘッジファンド運用会社ポリゴンの共同創業者、運用担当を退く―運用成績悪化の影響かに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする