トップ >  米ヘッジファンド運用会社オク・ジフ、ファンドの成績回復でAUM増加

米ヘッジファンド運用会社オク・ジフ、ファンドの成績回復でAUM増加

米大手ヘッジファンド運用会社オク・ジフは3日、5月の1ヵ月間で運用資産額が4.38億ドル増加したことを発表した。
オク・ジフ・キャピタル・マネジメントのプレスリリースによると、6月1日時点の運用資産額が5月初旬に比べて4.38億ドル増加した。1-3月の運用成績は4本のファンド全てでマイナスとなったが、現在は3本のファンドが年初来の成績をプラスに転じている。成績が好転したことが投資家からの追加投資を後押しした、と同社は分析しているゴールドマン・サックス出身のダニエル・オク氏らが創業したオク・ジフは、6月1日時点の運用資産額が338億ドルとなった。昨年11月にニューヨーク証券取引所に上場をはたしたが、今年は信用収縮の影響から運用成績が伸び悩んでいた。しかし、アジア投資のファンドを除く3本のファンドは、5月および1-5月の成績をプラスに回復させている。ヘッジファンド業界は、今年を過去最悪の運用成績でスタートしたが、オク・ジフが運用資産額を増加させたことにより、保守的な運用を行えば投資家からの信頼が得られることが裏付けられたといえる。ファンド名5月リターン年初来リターンOZ Master Fund1.11%1.22%OZ Europe Master Fund1.79%0.33%OZ Asia Master Fund-0.17%-2.95%OZ Global Special Special
Investments Master Fund0.45%0.48%



米ヘッジファンド運用会社オク・ジフ、ファンドの成績回復でAUM増加に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする