トップ >  元バイユーの創業者、服役控え姿を消す―自殺の可能性も

元バイユーの創業者、服役控え姿を消す―自殺の可能性も

ニューヨーク州警察は、破綻したヘッジファンド運用会社バイユーの創業者兼CEOのサミュエル・イズラエル氏が自殺した可能性があるとして捜査を展開している。
ニューヨーク州警察は10日、ハドソン川に架かるベア・マウンテン橋にて9日に、キーが刺さったままの無人状態でイズラエル氏の自家用車が発見されたと発表した。イズラエル氏は、4月に禁固20年、罰金4億5,000万ドルの支払い判決を受け、9日からマサチューセッツ州の連邦刑務所に服役する予定だった。自殺を裏付ける遺書は発見されていないが、自動車のボンネットには、ホコリをぬぐうようなかたちで「自殺は痛くない」と書かれていた。現在のところ、遺体は発見されておらず、飛び降りの目撃証言も得られていない。捜査当局は空と海の両面から捜査を行っている。同時に、捜査当局は、偽装自殺の可能性も考慮にいれ、イズラエル氏を指名手配し顔写真入り手配書を公表している。イズラエル氏は、バイユーが運用するファンドの投資家から4億ドル以上を詐取したとして、20年の服役を命じられていた。また、ヘッジファンド運用会社バイユー・マネジメントは、新規投資家の獲得と、既存投資家の資金をつなぎとめを謀り、ファンドの資産価値とパフォーマンスを偽って報告していた。Dow Jones
Police Probing Ex-Bayou Exec's Possible Suicide



元バイユーの創業者、服役控え姿を消す―自殺の可能性もに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする