トップ >  ヘッジファンド業界、5月は主要株価指数を上回る結果―グリーンウィッチ調査

ヘッジファンド業界、5月は主要株価指数を上回る結果―グリーンウィッチ調査

ヘッジファンド調査会社グリーンウィッチ・オルタナティブ・インベストメントは、ヘッジファンド業界のパフォーマンスを示す「Greenwich Global Hedge Fund Index」(GGHFI)の5月の結果がプラス2.01%となったと発表した。同月のS&P500種指数のプラス1.29%だった。
年初来においてもGGHFIはプラス0.49%となり、S&P500のマイナス3.81%を大きく上回っている。グリーンウィッチの幹部によると、5月はヘッジファンド業界全体で好結果を記録し、年初来でも依然マイナス圏の主要株価指数を大きく上回っている、と指摘している。主要4戦略のグループでみると、株式ロング・ショート・グループがプラス2.35%と2ヶ月連続でグループの最高パフォーマンスをあげた。特に、中小型の成長株に投資するアグレッシブ・グロース戦略はプラス2.8%と好結果を残した。一方、ショート戦略は、株式市場の回復の影響でマイナス1.7%と低迷した。市場の方向性に投資するディレクショナル・グループは、プラス2.0%となった。株式ロング・ショート戦略には及ばなかったものの、2月に記録したプラス4.7%の影響で年初来ではプラス6.6%と4グループのなかで最も高いパフォーマンスを維持している。現在、同戦略のなかで注目を集めているは先物戦略である。最近のコモディティ価格の高騰を背景に、5月はプラス2.2%、年間ではプラス10%以上のパフォーマンスになると見込まれている。新興市場やマルチストラテジー戦略を含むスペシャル・ストラテジーグループは、プラス2.1%と株式ロング・ショート・グループに次ぐ結果を残した。同戦略の上昇に貢献したのは、マルチストラテジー戦略のプラス2.5%だった。マーケットニュートラル・グループは、4戦略のなかで最もパフォーマンスが低くプラス1.39%だった。しかし、イベントドリブン戦略が不透明な市場から収益機会を見出しプラス1.70%を記録、買収アービトラージ戦略やディストレスト証券投資戦略もそれぞれプラス1.74%、プラス1.70%と高いパフォーマンスを記録した。



ヘッジファンド業界、5月は主要株価指数を上回る結果―グリーンウィッチ調査に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする