トップ >  ヘッジファンドのパフォーマンスが左右する財団への寄付金

ヘッジファンドのパフォーマンスが左右する財団への寄付金

近年、ヘッジファンド業界の急成長に伴い、ヘッジファンドが運営する財団による寄付金も急速に増加していることが明らかになったと、11日付けのダウ・ジョーンズが報じている。
ヘッジファンド業界専門誌アブソリュート・リターンによると、ヘッジファンドが運営する上位25の財団の総資産額は昨年31%増加し、46億ドルとなった。それに伴い、教育や医療福祉など慈善活動への寄付金も増加。上位25の財団による昨年の寄付金は61%増と急増し、4.59億ドルに達したという。調査会社ヘッジファンド・リサーチによると、近年の急速な拡大を背景に、ヘッジファンド業界の総運用資産額は昨年末時点で1.9兆ドルに達している。トップ10のヘッジファンド・マネージャーの年収が10億ドルを超えるなど、巨額の所得を得ていることに対して批判は多い。しかし、アブソリュート・リターンは「今回の調査で、ヘッジファンドが稼いだ利益を社会的に価値のあるさまざまな活動に注いでいることが明らかになった」と指摘している。寄付金が最も多かった財団は、ジョージ・ソロス氏が1993年に設立したオープン・ソサエティ財団で、総額は13.2億ドル。ソロス氏は他にも総額 3.84億ドルとなる財団を複数運営している。2位以下には、ジュリアン・ロバートソン氏率いるタイガー・マネジメント、ジェームズ・シモンズ氏のルネサンス・テクノロジー、ステファン・マンデル氏のローン・パイン・キャピタル、そしてブーン・ピケンズ氏のBPキャピタル・マネジメントが続いた。慈善活動のNPOによると、近年、慈善活動への寄付は増加傾向にある。昨年の寄付金は、4.2%増で2950.2億ドルに達し、3年連続の記録更新となったという。Dow Jones
As Hedge Fund Industry Grows, So Does Its Charity Foundations



ヘッジファンドのパフォーマンスが左右する財団への寄付金に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする