トップ >  投資家からの大量解約に備えるヘッジファンド

投資家からの大量解約に備えるヘッジファンド

ウォールストリート・ジャーナルは12日付の電子版で、ヘッジファンド運用会社の米HBKインベストメンツが、今月末に予想される顧客の投資家からの大量の解約請求に備えている、と報じている。
すでに、同社の資産運用額は昨年のピーク時の140億ドルから115億ドルと約18%縮小しているが、関係者の話によると、今年に入って、さらに、投資家から運用委託資産の30%超の解約請求がきているという。

HBKの「Master Fund」のリターンは、昨年のサブプライム問題が起こるまで、過去16年間の年平均リターンが15%だった。しかし昨年は1%弱にまで低下した。一方、今年第1四半期(1-3月)のリターンは横ばい、同期間のヘッジファンド業界全体の平均リターンはマイナスだった。

その点では、HBKに投資家からの解約請求が殺到するはないとみられる。とはいえ最近、ヘッジファンド業界全般で投資家の解約請求が増えており、ここ10年間には見られなかった現象となっている。

ファラロン・キャピタル・マネジメント(米サンフランシスコ)も、今年6月末までに14億ドル超の資金償還に直面する見通しで、資産運用額は100億ドル超から80億ドル台に縮小する見通しだ。

アトランタの投資顧問会社、インフィニティ・キャピタルの社長ジェフ・ベール氏は「多くの投資家は解約するなら早めが良いと感じている」とし、「ヘッジファンドにとって、6月末は資金不足問題が最大のリスクとなるだろう」と警告している。

Dow Jones
BST WSJ(6/12) Hedge Funds Brace For Wave Of Bailouts



投資家からの大量解約に備えるヘッジファンドに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする