トップ >  米検察当局、破綻した米ベアーSのヘッジファンドマネージャー訴追を準備

米検察当局、破綻した米ベアーSのヘッジファンドマネージャー訴追を準備

ダウ・ジョーンズは16日付で、米検察当局が、昨年夏のクレジット市場危機の引き金となった大手証券会社ベアー・スターンズの元ヘッジファンドマネジャー2人を来週中にも証券詐欺罪で刑事訴追する、と報じている。
起訴されるのはラルフ・シオフィ(52)とマシュー・タンニン(46)の両氏で、昨年2月ごろからMBS(不動産担保証券)市場が悪化し、両氏が運用する2つのヘッジファンドの運用成績への悪影響が懸念されていたにもかかわらず、投資家には楽観的な見通しを示し、故意に欺いた詐欺罪が適用されるもよう。ニューヨーク州東地区連邦地検は1年間にわたり、ベア・スターンズ事件の捜査を続けており、今週にも関係者への聞き取り捜査を終わらせ、容疑を固め次第、立件すると見られている。すでに、その前段階として、同地検は同事件に関係した弁護士の起訴に踏み切っている。今回両氏が起訴されれば、クレジット市場危機に関連した最初の刑事起訴となる。ただ、今後、捜査の対象がヘッジファンドの親会社であるベア・スターンズに及ぶ可能性は薄いようだ。同ヘッジファンドは、2007年7月31日に連邦破産法の適用を申請して破綻、投資家の被害額は16億ドルに達している。関係筋によると、検察当局は欧州最大の金融グループUBSと破綻した住宅金融専門会社のアメリカン・ホーム・モーゲージ・インベストメント、さらに米住宅ローン最大手カントリーワイド・ファイナンシャルに対しても詐欺容疑で捜査している。Dow Jones
2 Bear Stearns Hedge Fund Mgrs May Face US Indictments



米検察当局、破綻した米ベアーSのヘッジファンドマネージャー訴追を準備に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする