トップ >  英運用会社ブルーベイ、傘下ヘッジファンドのリターン悪化で株価急落

英運用会社ブルーベイ、傘下ヘッジファンドのリターン悪化で株価急落

英債券投資型ファンドの指標的存在である英ヘッジファンド、ブルーベイ・アセット・マネジメントの株価が16日のロンドン株式市場で、同社の2008年度の業績悪化見通しと傘下のヘッジファンド解約停止の発表を受けて急落した。ダウ・ジョーンズが同日付で報じた。
同社の株価は、午前10時10分時点、前日比18.5%安の269ペンスとなっている。同社によると、2008年度(2007年7月-2008年6月)の税引き前利益は、運用資産額の大幅増加にもかかわらず、前年比でほぼ横ばいの5,160万ポンドとなり、アナリスト予想の約6,000万ポンドを大幅に下回る見通し。一方、同社の2008年3月末時点の運用資産額は、2007年6月末時点の131億ドルから187億ドルに42%増加している。ヘッジファンドへの資金流入は依然、流入超が続いており、3月末までの5カ月間で35億ドル、また、今年度だけでも60億ドルの新規純流入があり、同社の50億ドルの目標額を上回っている。しかし、今年度の運用成績報酬は、前年度の4,820万ポンドの半分以下の2,270万ポンドに悪化した。運用成績の悪化理由について、同社のヒュー・ウィリスCEO(最高経営責任者)は、「ここ数年間に見られなかったほどのクレジット市場の深刻な悪化」を挙げている。同社が解約停止を決めたのは、運用資産額27億ドルのディストレスト資産投資ファンド「Value Recovery Fund」で、投資家に対し、2009年7月までの解約停止を要請、全体の80%が応じている。解約停止の見返りとして同社は、ファンドの管理報酬を2%から1%に、成功報酬を20%から15%に引き下げる狗肉の策をとっている。同ファンドの4月末までの4カ月間のリターンはマイナス5.32%となっている。Dow Jones
BlueBay Shares Plunge On Profit Warning



英運用会社ブルーベイ、傘下ヘッジファンドのリターン悪化で株価急落に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする