トップ >  英アブソリュート・キャピタル、傘下のヘッジファンド切り離しで株価暴落

英アブソリュート・キャピタル、傘下のヘッジファンド切り離しで株価暴落

ロンドンAIM上場の運用会社アブソリュート・キャピタルは、債権ファンドを切り離したことによって株価が80%近く下落している。
英国のファンド運用会社アブソリュート・キャピタル・マネジメント・ホールディングスは、債権ファンドのアルゴ・グループを14日にスピンオフさせた影響から、週明けの16日には株価が約80%安の9ペニーにまで暴落した。16日付のダウ・ジョーンズが報じている。今回株価が急落したことにより、アブソリュートに対する評価の大部分はアルゴに対するものだったことが明らかになった。アルゴのスピンオフ計画は1ヶ月前に発表され、13日にケイマンで開かれた臨時総会にて承認された。16日にはアブソリュートの株主に対して、アルゴの株式が持分の比率に応じて配分された。アルゴは6ヶ月以内にロンドンのオルタナティブ・インベストメント・マーケット(AIM)に上場することを目指している。今回の問題とは別に、アブソリュートは昨年、最高投資責任者(CIO)が突然辞任したことによって経営が混乱に陥ると同時に、運用しているヘッジファンドの保有銘柄の大部分が、売却の困難な米国の超低位株だったことも判明した。12ヶ月間の資産凍結(ロックアップ)を実施した上で、ロックアップが切れる12月以降もファンドの運用は継続する意向である。しかし、現在の資産(10.8億ドル)がどれだけ維持されるのかは不明。昨年の問題発生以来、アブソリュート・キャピタルの時価総額は急落している。昨年9月にCIOが辞職する前には3.1億ドルだったが、アルゴのスピンオフ前までに2.48億ドルにまで減少。そして、現在は700万ドルにまで落ち込んでいる。Dow Jones
Absolute Capital Stock -80% As Value Shifts To Argo



英アブソリュート・キャピタル、傘下のヘッジファンド切り離しで株価暴落に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする