トップ >  英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、今年に入り17%損失

英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、今年に入り17%損失

グローバルマクロは今年最も好調なヘッジファンド戦略の一つだが、ロンドン・ディバーシファイドのファンドは年初来の運用成績がマイナス17.0%となっている。
23日付のダウ・ジョーンズによると、英ヘッジファンド運用会社ロンドン・ディバーシファイド・ファンド・マネジメントのグローバルマクロ戦略ファンド「London Select」は、6月6日までの年初来リターンが17.1%のマイナスとなっており、他社のグローバルマクロ・ファンドとは対照的に運用成績が著しく悪化していることが明らかになった。

1995年に創立したロンドン・ディバーシファイドの運用資産額は12億ドル。同社の債券アービトラージ戦略ファンド「London Diversified」も年初来の運用成績がマイナス9.7%と低迷している。

1-5月の運用成績は、ヘッジファンド全体がプラス0.1%、S&P500がマイナス3.8%となるなか、グローバルマクロ戦略はプラス5.4%と良好なパフォーマンスを見せている(米情報調査会社ヘッジファンド・リサーチによる)。グローバルマクロ戦略が好調な理由として、あるファンド・マネジャーは、インフレ及び景気後退に対する懸念の広がり、コモディティと為替の価格変動、金融政策の矛盾の影響を指摘している。

年初来5月末-6月初旬までの各社のグローバルマクロ・ファンドの運用成績は以下の通り。
QFSアセット・マネジメント 14.9%、マウント・ルーカス・マネジメント 13.4%、ブレヴァン・ハワード 12.1%ブリッジウォーター・アソシエイツ 10.7%チューダー・インベストメント 5.2%カクストン・アソシエイツ 4.3%フォートレス・インベストメント・グループ 0.7%ブルークレスト・キャピタル・マネジメント 0.95%
Dow Jones
23 Jun 2008 01:01 BST DJ Financial News
London Diversified In Global Macro Loss



英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、今年に入り17%損失に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする