トップ >  仏銀デクシア、ヘッジファンドの懸念に対応―傘下の米モノラインに50億ドルの信用枠提供

仏銀デクシア、ヘッジファンドの懸念に対応―傘下の米モノラインに50億ドルの信用枠提供

仏大手のデクシア銀行は23日、同行傘下の米モノライン(金融保証保険会社)、ファイナンシャル・セキュリティ・アシュアランス(FSA)の財務力を強化するため、50億ドルの金融支援を行うと発表した。ダウ・ジョーンズが23日付で報じている。
デクシア銀行の金融支援決定は、アクティビスト・ファンドのパーシング・スクウエア・キャピタルを率いるウィリアム・アックマン氏が、先週、米誌フォーチューンとのインタビューの中で、「FSAはモノライン契約の履行に必要な資金が不足している」と述べたことに対応した動きと見られる。

最近、格付け大手のS&Pやムーディーズなどが、クレジット市場の混乱が長期化するとして、米モノライン最大手MBIAと同2位のアムバック・ファイナンシャル・グループを、最高格付けの「トリプルA」から格下げしている。

アックマン氏は、MBIAとアムバックの格下げ以前から、FSAに対する信用懸念を募らせていた。現在、FSAはトリプルAを維持している。

デクシアのクザビエドゥ・ワルクCEO(最高経営責任者)は、FSAは地方債の保証保険分野では64%の市場シェアを維持しているとし、モノライン業界で問題となっているリスクの高いCDO(多数債権プール型資産担保証券)は避けているとしている。

今回の50億ドルの金融支援で、FSAは当面、顧客からの解約請求のリスクは回避できると見るアナリストもいるが、金融大手のドレスナー・クラインオートは、顧客向けリポートの中で、FSAのクレジット・スプレッド・ポートフォリオ(カバードボンドやMBS、ABSなど)180億ドルに対し、50億ドルではデフォルト対応には不十分で、将来、格下げされる可能性があると指摘している。

Dow Jones
23 Jun 2008 11:29 BST =DJ 3rd UPDATE
Dexia Gives $5B Credit Line To FSA Bond Unit



仏銀デクシア、ヘッジファンドの懸念に対応―傘下の米モノラインに50億ドルの信用枠提供に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする