トップ >  保険金融大手アリアンツ、個人向けファンド・オブ・ヘッジファンズをロンドン上場へ

保険金融大手アリアンツ、個人向けファンド・オブ・ヘッジファンズをロンドン上場へ

保険金融大手のアリアンツ(Allianz)の運用部門が、ロンドン証券取引所上場の個人投資家向けファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチする予定を明らかにした。
複数の金融メディアの報道によれば、アリアンツ・グローバル・インベスターズは、マルチ戦略ファンド「Peletier Absolute」のローンチを予定している。

報道によると、同ファンドは、個人投資家向け商品としては初の欧州ヘッジファンドに投資する上場型ファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)になるという。募集期間は7月4日開始の15日終了となる見通しで、2,500万ポンドの調達を目標としている。

投資先のヘッジファンドは40本から50本を予定しており、アリアンツの「KGH Licorne」ファンド(運用資産額7.6億ポンド)と同等のリターンを目指す。「KGH Licorne」の運用成績は年平均11.4%のプラスリターンであり、この5年間、ロンドン上場のFoHFで最も優れたパフォーマンスを残してきた(平均は7.4%)。

運用を担当するRCMのサイモン・ホワイト氏は「投資顧問は、長期的なリターン、低い変動性、株式・債券市場との低い相関性を兼ね備えたファンドに対し、これまで以上に投資を拡大させようとしている。ヘッジファンドの人気は高まっているが、成功するのは、このようなファンドや、優れたトラックレコードを有するファンドだ」と述べた。

また、アリアンツ・オルタナティブのCEO兼創業者であるヴェール氏は「世界の金融市場で混乱が起きている現在は、各々の戦略で最も優れたヘッジファンド・マネジャーへ投資する最高のチャンスである」との見解を示した。



保険金融大手アリアンツ、個人向けファンド・オブ・ヘッジファンズをロンドン上場へに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする