トップ >  アジア拠点のヘッジファンド好調、2007年は欧米ファンドのパフォーマンス上回る

アジア拠点のヘッジファンド好調、2007年は欧米ファンドのパフォーマンス上回る

アジアのヘッジファンドは昨年、欧米を上回るパフォーマンスを残し、投資家の解約が減少していることが調査会社の調べで明らかになった。
米調査会社のグリニッチ・アソシエイツの調査結果によると、アジア太平洋地域のヘッジファンドは、2007年に約63%が10%を超えるリターンを残した、と金融メディア各社が報じている。

一方、米国のヘッジファンドは、リターンが10%を超えたのは50%弱で、2006年の64%から下がった。欧州のヘッジファンドはさらに低く、リターンが10%を超えたのは46%にとどまった(2006年は53%)。

またアジアのヘッジファンドは、堅調なパフォーマンスによって投資家のつなぎとめにも成功しており、ヘッジファンドが解約を受けた割合は2006年の22%から2007年は15%に低下した。一方、欧州と米国のヘッジファンドは、2006年の21%から2007年は25%と上昇した。



アジア拠点のヘッジファンド好調、2007年は欧米ファンドのパフォーマンス上回るに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする