トップ >  英ヘッジファンドのTCI、米鉄道会社CSXの株主総会で役員2名分のポスト獲得

英ヘッジファンドのTCI、米鉄道会社CSXの株主総会で役員2名分のポスト獲得

ダウ・ジョーンズは25日付で、米鉄道会社CSXの経営陣と対立している英国のアクティビスト・ヘッジファンド、ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)が、少なくとも2人の新役員を送り込む見通しとなった、と報じている。
これは、同日開催されたCSXの株主総会後に、TCIとブラジルのヘッジファンド運用会社3Gキャピタル・パートナーズが明らかにしたもの。

両ファンドは、CSXの経営方針をめぐって経営陣と対立、同社の役員12人のうち、5人の入れ替えを目指して、株主委任状争奪戦(プロキシーファイト)を展開していた。

しかし、同社の株主総会は会社側の意向で、途中で打ち切りとなった。CSXの幹部は、取締役を選出する人事案件をめぐる株主投票は、「close call(きわどい判定)」だったとし、最終結果は7月25日に株主総会が再開されるまで未定としている。

TCIのパートナー、スンヘル・アミン氏によると、アレクサンドラ・ベハリング氏とギルバート・ランフィア氏の二人がCSXの新役員に選出されたという。ベハリング氏は3Gキャピタルの常務で、南米の鉄道会社の役員経験がある。また、ランフィア氏はランフィア・キャピタル・マネジメントの常務で、カナダドル国有鉄道の元役員。

アミン氏は、会社側が株主総会を途中で打ち切ったため、新役員選出は2人にとどまったとしている。「途中で終わらなければ、4人が選出されていただろう。会社側は次回の株主総会までに、株主の考えを変えようと図っている」と述べている。

一方、CSXのマイケル・ウォードCEO(最高経営責任者)は、TCI側が2人の役員ポストを確保したと発表したことについて、「彼らは自分たちの経験に基づいて、そう思っているだけだ」と反論している。

TCIはパートナーの3Gと合わせてCSXの株式を8.3%保有しているが、そのほかに、TCI側は投資銀行とのエクイティスワップ取引を通じて12.3%のCSX株を取得している。

Dow Jones
25 Jun 2008 21:39 BST =DJ 3rd WSJ UPDATE
Hedge Funds Claim To Win 2 CSX Board Seats



英ヘッジファンドのTCI、米鉄道会社CSXの株主総会で役員2名分のポスト獲得に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする