トップ >  英ヘッジファンドのマーシャル・ウェイス、香港企業とアジア投資ファンドで合弁

英ヘッジファンドのマーシャル・ウェイス、香港企業とアジア投資ファンドで合弁

英マーシャル・ウェイス(Marshall Wace)が香港の調査・運用会社ゲイブカル(Gavekal)とジョイント・ベンチャーを立ち上げると複数の金融メディアが報じている。
ヘッジファンド運用会社の英マーシャル・ウェイス(運用資産額140億ドル)は25日、Eメールで声明を発表し、香港の調査・運用会社ゲイブカル・ホールディングスとの間でジョイントベンチャー(合弁事業)を設立することを明らかにした。マーシャルワースの運用実績と、ゲイブカルが持つ地域的な強みを統合する狙いがある。

7月1日に設立されるこの新会社の名称は「マーシャル・ウェイス・ゲイブカル・アジア」。ゲイブカルが保有するアジア投資ファンド3本の運用を担当する(運用資産額は合計3億ドル)。今後はアジア専門の株式ロング・ショートファンドを展開していく予定で、今秋にも日本株ロング・ショートヘッジファンドをローンチするという。

英国の情報会社アジアヘッジの調べによれば、アジアのヘッジファンドが有する資産額は昨年、前年比32%増の1,960億ドルに達している。マーシャルはアジアで既に「TOPS」の商標でファンドを展開しているが、新会社はその運用には携わらず、マーシャルのアジアファンド事業の拡大をバックアップすることになる。



英ヘッジファンドのマーシャル・ウェイス、香港企業とアジア投資ファンドで合弁に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする