トップ >  米ヘッジファンドのハービンジャー、豪ニッケル鉱山会社に5,000万ドル出資

米ヘッジファンドのハービンジャー、豪ニッケル鉱山会社に5,000万ドル出資

米大手ヘッジファンドのハービンジャーが、豪州のニッケル鉱山探査会社に対して、5,000万ドルの増資を行うことが明らかになった。同社は、これまでも豪州鉄鋼株への投資を積極的に進めている。
豪州のニッケル鉱山探査会社ポセイドン・ニッケル(Poseidon Nickel)は26日のプレスリリースで、米ヘッジファンドのハービンジャー・キャピタルから5,000万ドルの出資を受けることを公表した。ハービンジャーは、行使価格が1株当たり1豪ドルの新株予約権が付与された転換社債を5,000万ドル分購入する。

ポセイドンは豪州西部ウィンダラ鉱山において、年間生産高2万トン規模のニッケル鉱床を探査する計画を進めており、今回の資金はこのプロジェクトに投下される。今回の発表に対して市場は素早く反応し、今年は下落傾向を続けていたポセイドン株は約20%の上昇。26日の終値は0.91豪ドルとなった(25日終値は0.74豪ドル)。

ハービンジャーは2005年以降、豪州の鉄鉱石会社フォーテスキュー・メタルズ(Fortescue Metals)への投資を本格化させている。ハービンジャーが現在約15%を保有しているフォーテスキュー株は、この2年間で約12倍の値上がりとなっている。ポセイドンで会長を務めるフォレスト氏はフォーテスキューの経営幹部でもある。ポセイドンはプレスリリースで、ハービンジャーと築いてきた関係が決め手となり増資が合意に至ったこと説明している。

転換社債を行使すれば、ハービンジャーはポセイドンの発行済み株式の25%を保有することになる。ハービンジャーは他にも豪州の鉄鋼関連株に投資しており、マーチソン・メタルズ(Murchison Metals)とミッドウェスト(Midwest)の株式を保有している。



米ヘッジファンドのハービンジャー、豪ニッケル鉱山会社に5,000万ドル出資に関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする