トップ >  著名投資家アックマン氏のヘッジファンド、2007年のリターンは22%

著名投資家アックマン氏のヘッジファンド、2007年のリターンは22%

アクティビストとして知られる米投資家ウィリアム・アックマン氏の率いる運用会社、パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントは、2007年のリターンが22%になったと、10日付のブルームバーグが報じている。
アックマン氏は、米金融保証会社MBIAが破綻する可能性を指摘し、同社株のショート・ポジションを推奨していた。また、2005年より投資を続けていた外食チェーン世界最大手の米マクドナルドの保有株を売却するなどし、利益を得た模様。一方、米小売大手ターゲットに対する投資では評価損を計上したが、その他の投資で十分相殺できたと考えられる。

なお、先月24日にはアックマン氏がターゲット株の持ち株比率を9.6%から10%に引き上げたと報じられている。アックマン氏は、普通株だけでなくオプション取引でもターゲット株を買い増す権利を持っており、ターゲットに対する実質的な権益は12.6%に及ぶと見られる。

アックマン氏は、ターゲットやハンバーガー・チェーンのウェンディーズ、情報サービス会社のセリディアンなどの持ち株比率を上げて、経営陣に対し、事業部門や不動産の売買を迫り、コスト削減や自社株買いによる株価上昇を促すように要求していた。現在、バーシング・スクエアの運用資産は40億ドル以上となっているという。



著名投資家アックマン氏のヘッジファンド、2007年のリターンは22%に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする