トップ >  アジアのヘッジファンドマネージャー、ハワイに注目

アジアのヘッジファンドマネージャー、ハワイに注目

ハワイがアジアにおけるヘッジファンドの新たな拠点になる可能性がある。特に、日本の審査基準や検査体制にうんざりし、シンガポールや香港からは離れたくはないヘッジファンドマネージャーにとってハワイは好環境である。
現在ホノルル市内では10本のヘッジファンドが運用されいる。米国の法律、安価な不動産価格、英語圏、ゆったりとしたライフスタイルのため、今後ハワイで運用されるヘッジファンドの数は一段と増加すると考えられている。ハワイはアジアとの繋がりも強く、アジア系アメリカ人の大きなコミュニティも存在し、アジア圏の言語スキルをもった人材も豊富である。地理的には、日本から6400キロ離れた太平洋の中央に位置し、日本との時差は19時間。東京が月曜日の朝9時を向かえると、ホノルルは火曜日の午後1時となる。 マネージャーは、朝遅く起床し、夕方から日本の顧客と取引を開始することができる。過去3年間、ハワイにおけるヘッジファンド業界の拡大は目覚しく、2008年第1四半期も新たなヘッジファンドが運用開始されると予想されている。



アジアのヘッジファンドマネージャー、ハワイに注目に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする