トップ >  PE企業連合が交渉進める英出版社に対し、米PE大手ブラックストーンが買収を打診

PE企業連合が交渉進める英出版社に対し、米PE大手ブラックストーンが買収を打診

現在プライベート・エクイティ(PE)企業連合の買収対象となっている英出版社に対して、米ブラックストーンを中心とした別のグループが非公式ながら買収案を提示していることが明らかとなった。
30日付のウォールストリート・ジャーナルによると、英出版社インフォルマ(Informa)は29日、ブラックストーン側から買収案の提示を受けたことは認めたものの、正式な提案ではないとして、内容については明らかにしていないという。

米PE大手ブラックストーンは、今回の買収案においてドバイ政府系ファンド傘下のドバイ・ワールド・トレード・センターと連携して交渉に当たっている。

インフォルマはすでに、プロビデンス(Providence)・エクイティ・パートナーズを中心としたPE企業連合と交渉を進めていることを明らかにしている。PE企業連合は先月、インフォルマに対して、21.5億ポンド(42.9億ドル)規模の買収案を暫定的に提示している。

インフォルマの株価は30日、3.1%上昇し、437ペンスとなり、時価総額は18.6億ポンドとなっている。

インフォルマの買収が実現すれば、昨年に始まった信用収縮が始まって以来、欧州では最大規模の買収劇となりそうだ。インフォルマは今月上旬以降、プロビデンスのほかにPE企業連合に加わっているカーライル(Carlyle)やヘルマン&フライドマン(Hellman&Friedman)とも交渉を進めており、1株506ペンスでの買収案も浮上している。PE企業連合はすでに複数の銀行に対して、買収に当てる資金を今月末までに用意するように要請している。

インフォルマは、業界新聞のほか学術誌や商業誌など会員制情報誌など、2,000種類以上の出版物を発行している。また同社は昨年、市場調査会社のデータモニター(Datamonitor)を5.02億ポンドで買収している。

Dow Jones
30 Jul 2008 00:56 BST
WSJ(7/30) Informa Receives Preliminary Offer From Blackstone



PE企業連合が交渉進める英出版社に対し、米PE大手ブラックストーンが買収を打診に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする