トップ >  ヘッジファンドの損失・償還停止、海外で相次ぎ報道

ヘッジファンドの損失・償還停止、海外で相次ぎ報道

市場の悪化がヘッジファンドに追い討ちをかけている。先週から海外メディアでは、相次いで中小規模のヘッジファンドの損失拡大、償還停止などが報じられた。
ヘッジファンド業界全体では、2007年のリターンが10%近くのプラスとなったが、その一方で、昨年夏以降の信用危機が原因で、業績が急激に悪化しているヘッジファンドの償還停止、破綻などが今後増える可能性がある。
17日付けのブルームバーグによると、米コネチカット州スタンフォードのセイルフィッシュ・キャピタルが運用するヘッジファンドが、運用資産の半分を失ったという。運用の失敗と投資家からの資金引き上げが原因としている。同社の債券ファンド「マルティ・ストラット・フィクスト・インカム」は、昨年の運用成績がマイナス13.5%で、運用資産はピーク時の19億ドルから、9.8億ドルに縮小したという。

また、17日付けのフィナンシャル・タイムズでは、ロンドンの資産運用会社、エルジン・キャピタルの旗艦ヘッジファンド「エルジン・コーポレート・クレジット・ストラテジー」が、投資家に対して1年間の償還停止を打診したと伝えている。償還停止の理由は不明だが、同ファンドは昨年9月末までに資産の6.29%を失ったという。

18日には、著名ヘッジファンド運用会社、RABキャピタルが2007年の通期決算を発表したが、純利益は2006年に比べて1.9%増とわずかな伸びにとどまり、アナリスト予想を大きく下回った。



ヘッジファンドの損失・償還停止、海外で相次ぎ報道に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする