トップ >  農地買収に走るヘッジファンド―見放されていた「資産価値」に注目

農地買収に走るヘッジファンド―見放されていた「資産価値」に注目

ヘッジファンドが農地の買収に奔走していると、21日の英タイムズ(オンライン版)が報じている。株式や債券などの金融資産から資金を引き出し、南米や南アフリカの農地や牧草地を買い入れる投資家が増えていると伝えている。
10億ドルの資産を運用する仏ヘッジファンド運用会社、ペルガム・キャピタルは、アルゼンチンとウルグアイの農場を6000万〜8000万ドルの資金を調達して買い付けている。同社のファンド・マネージャーによると、ファンドの投資家たちは、伝統的な金融資産に幻滅しており、見放されていた新たな資産として農地に目を向けているという。

米大手運用会社ブラックロックの農産物ファンドは、小麦などの農産物の先物取引を手かげているが、ファンドの一部資金では、米国内の農地買収を進めている。

英資産運用会社シュローダーでコモディティ系のプロダクト・マネージャーを務めるクリストファー・ワイク氏は、同紙の取材に対して、「われわれは、農産物の強気相場が始まる初期段階にいる。農産物市場はおよそ25年の間、市場が低迷していたが、今後15〜20年間は強気相場が続くと予想している。ただし、農業生産者は数は限られているため、投資資金が振り向けづらい点が問題だ」と述べている。



農地買収に走るヘッジファンド―見放されていた「資産価値」に注目に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする