トップ >  スイスPB傘下の運用会社GAM、環境ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチ

スイスPB傘下の運用会社GAM、環境ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチ

欧州のオルタナティブ投資運用会社GAMが、環境関連投資ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチした。
スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベア傘下の運用会社GAMは5日、環境セクターを専門とするファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)「GAM Multi-Environmental」の公募販売を開始したと発表した。同社は、従来型エネルギーの価格高騰を背景に、新たな環境技術が利益をもたらすとの見通しを示している。

このファンドは、クリーン・テクノロジー、水資源、コモディティ、代替エネルギー、天然資源に投資するヘッジファンドを対象に、グローバルな分散投資を行う。投資先ファンドの本数は8本から12本で、株式ロング・ショート戦略を中心に、マクロ戦略、アービトラージ戦略のファンドに対し投資する。

投資業界で20年以上の経験を持つ、キャサリン・クリップス(Catherine Cripps)氏がファンドマネジャーを務める。最小投資金額は1.5万ポンドで、解約期間は3ヶ月となっている。

GAMはオルタナティブ分野のアクティブ運用に強みを持ち、ファンド・オブ・ヘッジファンズや、シングル・マネジャー・ファンドなどの商品を扱っている。また、6月末時点での運用資産額は680億スイスフランとなっている。



スイスPB傘下の運用会社GAM、環境ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチに関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする