トップ >  米投資会社大手フォートレス、第2四半期は純損失―成功報酬が大幅減

米投資会社大手フォートレス、第2四半期は純損失―成功報酬が大幅減

米大手運用会社フォートレスの第2四半期決算は、成功報酬の大幅な減少が響き、最終損益が2期四半期連続での純損失となった。
米フォートレス・インベストメント・グループ(Fortress Investment Group LLC、NYSE:FIG)が7日に発表した第2四半期決算は、最終損益が5,560万ドルの純損失(一株当たり67セント)となった。前年同期は5,510万ドルの純損失だった。

運用部門の営業利益は前年同期比59%減の5,800万ドル(一株当たり13セント)で、収益は30%減の1億8,810万ドルとなった。ロイターが集めたアナリスト予想では、運用部門の営業利益が一株当たり14セント、収益が1.93億ドルとなっていた。

管理報酬の収益が26%増加した一方で、成功報酬は86%減少した。また、運用資産額は23%増の351億ドルとなっている。

フォートレスは、プライベート・エクイティとヘッジファンドに対する投資家の関心がピークに達していた2007年2月、公募価格18.50ドルで上場した。しかし、その後の信用収縮と景気後退によってフォートレスの株価は低迷が続いている。決算発表前の6日の終値は11.29だったが、7日は9.91ドルで取引が始まり、11.06ドルの高値をつけた後、10.32ドルで取引を終えた。

Dow Jones
07 Aug 2008 13:40 BST
Fortress Investment Loss Widens As Incentive Income Falls



米投資会社大手フォートレス、第2四半期は純損失―成功報酬が大幅減に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする