トップ >  GLGパートナーズ、環境ファンドへ投資助言

GLGパートナーズ、環境ファンドへ投資助言

英バージン・グループはGLGパートナーズ、環境調査会社のトラコストと協力して環境関連の会社を投資対象とした気候変動ファンドをローンチした。GLGパートナーズは、ファンドのポートフォリオ選択を行うことになっている。
リチャード・ブランソン卿のバージングループは、新たにバージン・クライメイト・チェンジ・ファンドをローンチした。ファンドの最低75%は、環境基準を満たしたヨーロッパの株式へ投資を行う。具体的には各セクターの環境基準平均を上回る企業が投資対象とされる。一方、ファンドの最高15%は、すぐれた環境モデルを有している企業と、環境問題解決のため事業を行っている企業に投資される予定である。GLGパートナーズは昨年、MSCIヨーロッパ・インデックスのリターンが1.62%であったのに対して、自社の運用する環境ファンドが7.02%のリターンを上げた。バージン・クライメイト・チェンジ・ファンドの中にもGLGのファンドで採用されている幾つかの企業が組入れられている。



GLGパートナーズ、環境ファンドへ投資助言に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする