トップ >  7月のヘッジファンド業界、運用低迷続くも株価指数を高水準で上回る

7月のヘッジファンド業界、運用低迷続くも株価指数を高水準で上回る

米ヘッジファンド情報サイトのヘッジファンド・ネット(HFN)は8日、7月のパフォーマンスを発表した。同社リリースによると、7月のパフォーマンスは、6月に続きマイナスとなったが、ベンチマークである株式市場のリターンを6年ぶりの高水準で上回ったという。
ヘッジファンド・ネット(HedgeFund.net)が8日に発表した「HFN Hedge Fund Aggregate Average」の速報値は、7月がマイナス1.90%、年初来でマイナス2.27%となった。

「HFN Hedge Fund Aggregate Average」は、シングルマネージャー型のヘッジファンド、及びCTA/マネージド・フューチャーズ全体の加重平均値。なお、HFNでは現在、8,300本以上のヘッジファンド、ファンド・オブ・ファンズ(HoH)、CTAに基づいてデータを算出している。

ヘッジファンド業界は、今年の年初において、HFNが2001年に記録を取り出して以来、最悪のスタートを切った。しかし、7月末時点での年初来リターンは、ベンチマークであるS&P500種指数と比較すると、11.78%上回っており、2002年以来の高水準となった。設定来の「HFN Hedge Fund Aggregate Average」の年平均リターンは、プラス10.01%で、S&Pのマイナス0.37%を大きく上回っている。

7月は原油を始めとするコモディティ関連の相場が大きく下落したこともあり、ヘッジファンドにとって厳しい月となった。今年に入ってコモディティ価格の高騰により、ヘッジファンドは大きなリターンを上げていたが、ここ数ヶ月は世界経済も減速し、市場環境が不安定になっている。

原油価格下落の影響を受けて、「HFN Energy Average」は、7月がマイナス9.45%、年初来でマイナス4.51%、また「HFN CTA/Managed Futures Average」は、7月がマイナス4.03%、年初来でプラス8.69%となった。

新興市場国は明暗が分かれた。中国・インドは「HFN China Average」がプラス0.28%、「HFN India Average」がプラス5.20 %と好調に推移する一方、ロシア・中東・北アフリカは「HFN Russia Average」がマイナス9.08%、「HFN Middle/East North Africa Average」がマイナス4.00%と低迷した。

ブラジルは7月がマイナス1.12%で、年初来ではプラス3.22%を維持している。新興市場国全体を示す「HFN Emerging Markets Average」は7月がマイナス4.94%で、年初来でもマイナス9.25%と低迷している。

戦略別では、株式ロング・ショート戦略の指標である「HFN Long/Short Equity Average」は、7月がマイナス1.90%、年初来でマイナス4.84%となったが、年初来では対S&Pにおいて、2002年以来の高水準で上回った。

金融セクターに投資ファンドするは7月がプラス3.54%、年初来でマイナス3.54%、ディストレスト関連は7月がマイナス4.36%、年初来でマイナス7.14%。そしてマーケット・ニュートラル戦略は7月がマイナス0.61%、年初来でプラス2.38%となった。



7月のヘッジファンド業界、運用低迷続くも株価指数を高水準で上回るに関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする