トップ >  英運用会社、指数連動型の新興国市場ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチ

英運用会社、指数連動型の新興国市場ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチ

英資産運用会社マトリックス・インベストメントは、運用成果がヘッジファンドのインデックスに連動するファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)をローンチする。対象インデックスは、シンガポールの調査会社ユーレカヘッジの「新興国市場ヘッジファンド・インデックス」で、ポートフォリオには約40本のヘッジファンドが組み込まれる。
マトリックスがローンチするFoHF「The Matrix Emerging Markets Index Fund」の実際の運用については、すでにマトリックスで別のFoHFを運用しているマクサム・マネジメントが担当する。

ファンドが参照するユーレカヘッジのインデックスは、2000年1月から2007年11月までの間にトータル・リターンが305%となっている。同ファンドがポートフォリオに組み込むヘッジファンドは、極東、東欧、ラテンアメリカ、中東などほぼ世界全域に投資を行っており、普通株社債などを投資対象とするだけでなく、ディストレスト証券投資などの戦略を行うヘッジファンドも含まれるという。



英運用会社、指数連動型の新興国市場ファンド・オブ・ヘッジファンズをローンチに関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする