トップ >  米アクティビスト・アイカーン氏の投資会社、第2四半期は赤字へ転落

米アクティビスト・アイカーン氏の投資会社、第2四半期は赤字へ転落

著名なアクティビスト投資家アイカーン氏の投資会社アイカーン・エンタープライズは、投資部門の損失が響き、第2四半期決算が約1億ドルの赤字となった。
カール・アイカーン氏が会長を務める投資会社アイカーン・エンタープライズ(Icahn Enterprises)が11日に発表した第2四半期決算は、最終損益が9,880万ドルの純損失(一株当たり1.37ドル)となった。前年同期は6,420万ドルの黒字だった。11日付のダウ・ジョーンズが報じている。

投資以外の事業部門の収益は、前年同期比35%増の5億5,590万ドルと順調に推移しているものの、投資部門の損失が7億7,725万ドルに膨らんだ影響で、収益全体はマイナス1億4,970万ドルとなった。投資運用部門の運用資産額は、僅かに縮小して47.5億ドルとなっている。

同社の不動産投資事業は、住宅需要の冷え込みで打撃を受けている。4日には、アイカーン氏が会長を務める米フロリダの不動産会社、WCIコミュニティーズが連邦破産法第11条の適用を申請した。また、格付会社ムーディーズは7月、「事業戦略がリスクを抱えている」として、アイカーン・エンタープライズの信用格付を引き下げている。

Dow Jones
11 Aug 2008 22:54 BST
Icahn Enterprise Swings To 2Q Loss On Investment Losses



米アクティビスト・アイカーン氏の投資会社、第2四半期は赤字へ転落に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする