トップ >  米メリルリンチのPE部門、新規ファンド資金60億ドルをアジアの投資家から調達へ

米メリルリンチのPE部門、新規ファンド資金60億ドルをアジアの投資家から調達へ

11日付のダウ・ジョーンズによると、米大手証券会社メリルリンチは、傘下のプライベートエクイティ(PE)部門が現在進めている60億ドルの新規資金調達で、その半分を主にアジアの投資家から調達する方針を示している。
メリルリンチのPE部門は、従来、親会社のメリルリンチから資金を調達しているが、今回はPE部門のポートフォリオを構成する企業株式を、外部の投資家に提供する。

ポートフォリオの中には、2006年に330億ドルで買収した米大手医療グループのHCAも含まれる。当時、メリルリンチは、買収資金の一部として、12億5000万ドルをPE部門に提供していた。

一般的な新規のPEファンドに投資した場合、満期が数年と長いため、投資家がリターンを得るのに長い時間がかかるが、今回のメリルの資金調達方法であれば、投資家はより早くリターンを得ることが可能になるという。

メリルリンチでは、相手先として、アジアの大口投資家を考えており、政府系投資機関である韓国投資公社(KIC)やテマセク・ホールディングスのほか、日本のみずほ銀行などが検討対象となるもよう。

KICは、メリルリンチの株式を7.4%保有しているほか、TPGキャピタルにも3億ドル出資している。また、テマセクもメリルリンチの8.8%を保有する最大株主。

こうした新手法の導入で、メリルリンチは手元流動性が増し、自己資本比率(Tier1)の引き上げが可能になる。

Dow Jones
11 Aug 2008 01:00 BST DJ
Financial News: Merrill Lynch Opens Fund To External Investors



米メリルリンチのPE部門、新規ファンド資金60億ドルをアジアの投資家から調達へに関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする