トップ >  米モーニングスターのヘッジファンド・インデックス、7月はマイナス3.07%

米モーニングスターのヘッジファンド・インデックス、7月はマイナス3.07%

米調査会社モーニングスターが発表した7月のヘッジファンド・インデックスは、マイナス3.07%となり、月間のパフォーマンスでは調査開始以来最悪となった。
「コモディティのロング、金融株のショート」は昨今トレーダーの人気を集めている戦略だが、7月は不調だった。モーニングスターのヘッジファンド・アナリスト、ダニエル・ファーカス(Daniel Farkas)氏は「この戦略が不調だったのは、ヘッジファンドにおいても同じだった」と述べている。

7月前半は、原油価格の高騰と米国金融機関の混乱が株式の押し下げ要因となっていた。しかし、米政府が米住宅金融フレディーマックとファニーメイを救済する可能性を示したことで、金融セクターに復活の兆しが現れた。また、需要減少の予測が広まったことで原油価格は7月2日をピークに急落し、7月のコモディティは過去5年間で最も大きな下げ幅を記録した。

また、欧州とアジアでは、各国の中央銀行が金融引締めに乗り出したため、株価の下落に見舞われた。さらに、月後半にはドルが上昇したため、コモディティの価格を一段と押し下げるかたちになった。

「ヘッジファンドが下落相場において株式のパフォーマンスを下回るのは珍しいことだ。ヘッジファンドは、昨夏に始まった信用収縮の先行きを把握出来ていない」とファーカス氏は説明している。

Dow Jones
12 Aug 2008 17:35 BST
Hedge Funds Hit Skids In July As Commodity Prices Tumble



米モーニングスターのヘッジファンド・インデックス、7月はマイナス3.07%に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする