トップ >  ヘッジファンド向け取引システムのトラ・トレーディング、シンガポールに営業拠点開設

ヘッジファンド向け取引システムのトラ・トレーディング、シンガポールに営業拠点開設

アジア地域を対象とした電子取引プラットフォーム提供大手、米トラ・トレーディング・サービシズ(Tora Trading Services)は12日、シンガポールに営業・サービス拠点を開設したと発表した。
新拠点の責任者には、トラのローラ・ハンソン副社長が就任する。同氏は、BGCインターナショナルとキャンター・フィッツジェラルドのシンガポール拠点とニューヨーク拠点で勤務した経歴を持つ。

ロバート・ダイクス(Robert Dykes)CEO(最高経営責任者)は、「当社はすでにシンガポールを始め、他のアジア諸国のバイサイド機関にサービスを提供しているが、今回のシンガポール拠点の開設により、アジアのバイサイド機関に対する当社のトレーディング・テクノロジーと流動性の提供サービスを一段と強化するものだ」と述べている。

MAS(シンガポール金融管理庁)によると、同国籍の投資ファンドの資産運用規模は昨年末時点で8,140億米ドルに達し、この5年間で年率25%以上のペースで増大している。また、昨年は、ドイツ銀行やシティバンク、モルガンスタンレー、メリルリンチもシンガポールでのプライムブローカー部門を拡大している。

ヘッジファンドのシンガポールでの資産運用規模もこの2年間で2倍以上に増大している。

トラ・トレーディング・サービシズは、2004年に設立されたアジア向け電子取引システムの提供大手で、資金提供の金融仲介サービスも展開している。シンガポールのほか、東京や香港、サンフランシスコ、ニューヨークにも拠点を構える。

トラの電子取引プラットフォームは、ブローカー75社や150以上のアルゴリズムトレードに対応、アジア14カ国24市場をカバー。現物や先物の株式取引を始め、オプション、転換社債、ワラント債、スワップ、その他シンセティック型の商品などの売買も可能となっている。

トラの資料によると、同社プラットフォームを通じて、1カ月に250億ドルの売買が仲介されており、東京証券取引所での電子取引高の25%以上をカバーしているという。



ヘッジファンド向け取引システムのトラ・トレーディング、シンガポールに営業拠点開設に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする