トップ >  YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)について

YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)について

YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは?

“最上級を刺激する”をテーマに、上質とは何かを知り抜いた貴方へ相応しい情報をお届けします。
運営元のゆかしウェルスメディア株式会社は、あゆみトラストグループにおける「富裕層向けメディア事業」を担っています。2006年、日本で唯一の純金融資産1億円以上限定のプライベートクラブ「YUCASEE(ゆかし)」を立ち上げました。入会審査のある会員制オンラインクラブです。富裕層資産は1兆3,310億円(2014年10月6日現在)と日本最大級の富裕層限定クラブに成長致しました。

YUCASEE(ゆかし)会員限定パーティーの様子

当社代表取締役社長 高岡壮一郎による著書「富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか(幻冬舎)」はビジネス書としてベストセラーになりました。

2009年には、高額所得者向け情報サイト「ゆかしメディア」を立ち上げました。それが今ご覧のサイトです。こちらは会員制で審査のあるプライベートクラブ「YUCASEE(ゆかし)」とは異なり、誰でも無料で閲覧可能なメディアです。10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています(2015年7月末現在)


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)創刊の背景

総務省の調べによると、インターネットの浸透により、私たちを取り巻く情報量は10年前の500倍に増加しています。このような「情報爆発時代」では、玉石混合の中から自分にふさわしい情報を見つけ出すために大変な労力がかかるようになりました。また、「富裕層」が流行語大賞となった2005年から10年が経過し、日本社会が二極化した中、マスメディアは自らの経済基盤を大衆に置いているため、彼らからの嫉妬によるトラブルを避けるため、富裕層や成功者に有利な情報をあまり発信しなくなりました。またオンラインにおいては、誰でも情報発信が可能なだけに、ページビュー(PV)を上げて小銭を稼ぐ目的の真偽不明の煽り記事などがインターネット検索結果を覆い尽くすようになりました。

このような社会状況の結果として、マスメディアからも、オンラインからも、日本の富裕層はますます自分に相応しい情報の入手が困難になっているという課題が生じています。そこで、ゆかしウェルスメディア株式会社は、この課題を解決し、富裕層・成功者に相応しい情報を富裕層向けメディア事業として提供することで、富裕層・成功者が益々富を増やし経済的に活発になり、結果として、富裕層だけではなく、日本経済全体の発展に繋げたいと考えています。

弊社は、日本で唯一、高額所得者・富裕層に特化したオンラインメディア運営企業として、外資系プライベートバンク、メガバンク、大手国内自動車会社、外資系自動車会社、大手不動産会社、大手化粧品会社等から広告料・コンサルティング料を頂戴して運営しております。弊社運営メディアの閲覧は無料です。

<弊社メディアによるインタビュー実績>
順不同 一部抜粋 2014年10月現在
竹中平蔵、ジム・ロジャーズ、高橋洋一、岩田規久男 日銀副総裁、冨山和彦 経営共創基盤代表取締役CEO、榊原英資、浜矩子 同志社大学教授、山本幸三 衆議院議員、藤巻健史 参議院議員


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)編集部の求人

ライター・編集者・編集長候補を募集中です。在宅、記事単発の請負等、勤務形態は柔軟にご配慮できますので、「金融系記事」・「富裕層系記事」・「著名人インタビュー記事」の制作に実績のある方は、ご連絡ください。編集長は大手新聞記者出身の体育会系の40代男性です。ご自身との相性をお考えの上、応募をお願いします。

お問合せフォーム
http://ayumitrust-holdings.co.jp/inquiry/

ご記入必須事項:
①略歴
②あなたが作成した記事3本(金融系・富裕層向け・著名人インタビュー記事に限ります)
③あなたが好きな「ゆかしメディア」の記事3本と、その記事を選んだ理由

ご留意事項:
1.大変応募が多いため、「弊社メディアと方向性がマッチしている」と編集部で判断した方にのみ、1週間以内にご返信を差し上げます。あらかじめご了承願います。
2.現役で新聞社勤務、雑誌社勤務の方で、弊媒体への記事提供をご希望の方は、1記事あたりの希望原稿料をあらかじめ明記をお願いします。

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする