1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 識者の見方

人気コラム

専門家・有識者・人気ブロガーのコラムやインタビューを無料で閲覧できます。

フジマキ氏のベストセラー『迫りくる日本経済の崩壊』を読み解く---ハイパーインフレと超円安の可能性---

カリスマ国会議員 藤巻健史参議院議員×高岡壮一郎 アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社代表取締役 緊急対談!

慶応義塾大学・岸博幸教授インタビュー

米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。

アベノミクスの仕掛け人「ドル円は98円に」

アベノミクスの立役者である自民党の山本幸三衆議院議員に、安倍政権下での今後の日銀の新たな役割と最新動向、その市場への影響などを聞いた。

中長期的には円安が明白に

新進気鋭のエコノミスト・中原圭介氏に、今後の円相場の行方を分析してもらった。海外投資を行うには足元の相場の動きだけでなく、中長期的で構造的な相場要因に目を凝らす必要がありそうだ。

【続】パーマネントトラベラー

東日本大震災の後、日本の富裕層はこれまで以上に海外への資産移転や、居住を考えるようになっている。節税目的ではなく、本当の意味でのカントリーリスクを意識した本格的な海外脱出だ。

新興国投資の第一人者M・モビアス氏に聞く

前回に引き続き、新興国投資の第一人者マーク・モビアス氏の独占インタビューをお送りする。今回は、世界の富裕層の動向を予想。そして、米国経済から中国経済へと大きなパラダイムシフトが起きるのかどうかという、経済覇権の行方についても聞いた。

木村昭二氏解説 究極の節税法「パーマネントトラベラー」

パーマネントトラベラー(PT)は今回が最終編。永遠の旅行者を続けるために気をつけなければならないこと、また周囲への気の配り方。そして、愛されるPTであり続けるための心得を取り上げる。

ジム・ロジャーズ氏独占取材

カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。


海外投資新聞に関するみなさんの声
ページトップへ