1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 太田豊秋代表
  4. いかにして日本に貢献していくのか/太田豊秋

太田豊秋代表

いかにして日本に貢献していくのか/太田豊秋

2014.12.04

株式会社バリューサプライ
代表取締役社長兼CEO 太田豊秋


【事業内容】
・IT (情報技術)システムに関する研究、開発、情報提供及び受託
・IT (情報技術)産業に関するコンサルタント業務
・インターネットを利用した各種情報提供サービス
・各種研修、セミナー、講演、イベントの企画、立案、運営
【URL】
株式会社バリューサプライ
http://valuesupply.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

起業から4年になりますが、苦労をしている、と感じたことはありません。
「日本を良くしていきたい」という大きな目標に向かっている道半ばですので、どれだけ厳しい環境、状況であったとしてもそれを困難だとは感じておらず、目標を見据え進んでいます。
「やりたいからやる」
現在新しい自社サービスの製作に注力していますが、世に出すには自分で考え、自分の目で見て、自分で触れて、自分で創っていかなければなりません。
それについても「自分がやりたいからやっている」のですから、全体像から細部に至るまでしっかりとこだわりを持ち続けていきます。


Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

「親心」と「おせっかい」
ひとつが社員に対して「親心」を持つことです。一緒に働く社員に対し、親のような気持ちで接し、業務面でもメンタル面でもフォローを行い一緒に過ごしています。 もうひとつが「おせっかい」であることです。
お客様からお金をいただき、それでおしまいにしてしまうのではなく、お客様のたちに場に立って考え、お金の概念は関係なく、よりお客様の環境が向上するようフォローし続けることが大切だと考えています。
今後もこの2点を大切にしながら、「日本を良くする」という大きな目標に向かって突き進んで行きます。

Q3.座右の銘

「次」

英語で書くと「Next One」となる字です。


特集「太田豊秋代表」の記事一覧
もっと読む
  • いかにして日本に貢献していくのか/太田豊秋
    2014.12.04

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
ヘッジファンドとはあらゆる市場環境でプラスリターンを目指すファンド。下げ相場でも「絶対リターン」を追求します。伝統的市場での資産運用不調で、個人投資家も機関投資家もヘッジファンドへの関心を高めています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ