1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 大森健史代表
  4. 快適な海外暮らしを実現/大森健史

大森健史代表

快適な海外暮らしを実現/大森健史

2014.12.04

株式会社アエルワールド
代表取締役 大森健史


大森健史代表

【事業内容】
・海外移住プランの設計、実行支援、相談受付
・海外移住のための貯蓄アドバイス
・永住権、永住ビザ、退職者ビザの申請支援
・海外移住に必要な現地情報の提供
・総合的フィナンシャルプランニングサービス

【URL】
株式会社アエルワールド
http://www.ablife.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

起業当初は、日本人がリタイア後にオーストラリアへの移住サポートを事業の核としておりましたが、創業から2年目を迎えた時、現地の移民法が改正され、弊社のビジネスモデルでは運営が厳しい状況にありました。そこで、日本人の方で早期退職をされる方向けに新サービスを追加し、業績を上げていき、お客様と密に接していくことで新たなニーズも得る事ができました。現在では、弊社の事業の一つとして成長を続けております。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

分散投資をすることです。弊社の場合、ビザ取得サポート支援を行っておりますので、現地の政治や景気動向に左右されやすいです。リスクを回避する為に、扱う商材を増やし、お客様にとってもより幅広いサービスを提供することによって、そのような外部性を最小限に抑えることができます。今後は日本人が海外へ移住するサポート事業に加え、海外に住む外国人の方が日本へ移住するサポート事業を推進していく予定です。

Q3.座右の銘

「常在戦場」

業績が良い時ほど、油断せず、仕事をすることを心がけています。安定したなと思ってしまえば、会社の成長はないと思います。アンテナを常に張り、問題が起きた際には素早く対処ができる体制を作っておくことが大切です。


特集「大森健史代表」の記事一覧
もっと読む
  • 快適な海外暮らしを実現/大森健史
    2014.12.04

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ