1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 片岡稔代表
  4. Win-Winの貢献の先に、最高の利益がある。 /片岡稔

片岡稔代表

Win-Winの貢献の先に、最高の利益がある。 /片岡稔

2014.12.05

グッドプランニング株式会社
代表取締役 片岡稔


【事業内容】

・広告メディア事業
・IT・エレクトロニクス事業
・生活サービス事業

【URL】
グッドプランニング株式会社
http://www.eizo-media.com/

Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

創業当初は、資金繰りや信頼を確立することが困難でした。資金面では、起業した先輩や仲間に助けられて乗り越えることが出来ました。おかげで今は微力ながら、私が苦境に立っている仲間に投資や融資をして恩返しが出来るようになりました。
また、信頼を獲得する為に「儲けより貢献」を徹底した経営を行いました。日本にはまだまだその魅力や想いが充分に伝わっていないモノが多いものです。特に中小企業は自社の商品を知って貰おうにも資本も機会も少ない。そこで、グッドプランニングは、本当に良いものを世の中に流通させ、より良いもので日本を満たすお手伝いをしています。社会に対する貢献の結果、儲けがあるという信念を徹底し、地道でも、低価格・高品質なサービス提供を続けた結果、高いリピーター率を獲得し、信頼を得ることが出来ました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

企業に関わる人全員がWin-Winなるような事業を育てる事です。例えば、グッドプランニングでは、埋もれてしまった「本当に良いもの」を多くの人にお伝えする場を提供することでお店も生産者も、弊社にも利益が生まれる仕組みを作っています。
また、映像制作の現場では、クリエイターを積極的に採用しています。その結果、商品やサービスだけでなく、人材をも輝かせる事ができる事業を展開しています。
単に儲けや稼ぎのみを追い求める経営の仕方もありますが、私は経営者として貢献を重視した経営を行っています。貢献の対価としての利益である事を常に意識すれば、高いモラルを持って仕事をする事が出来ますし、信頼も積み重なります。

Q3.座右の銘

「一日一善」


特集「片岡稔代表」の記事一覧
もっと読む
  • Win-Winの貢献の先に、最高の利益がある。 /片岡稔
    2014.12.05

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.10.30
1998年の外為法改正以来、日本の個人投資家による「海外投資」が解禁されました。国内銀行の低金利に飽きたらず、今や、15万人以上の個人投資家が、日本の証券会社や銀行を介さずに「海外ファンド」を直接購入する時代になりました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ