1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 田内広平代表
  4. ITを通じてに日本のインフラを変える/田内広平

田内広平代表

ITを通じてに日本のインフラを変える/田内広平

2014.10.12

株式会社Project L.C.
代表取締役 田内広平


田内広平代表

【事業内容】
・Webコンテンツ開発事業
・クリエイティブ事業
・マーケティング/保守・管理事業
・レンタルスペース事業
・自社サービス開発/運営事業
【URL】
http://project-lc.co.jp/


◆創業を選んだきっかけを教えてください

学生の頃、就職活動をして3社から内定をもらっていましたが、新規事業部門に自分で作成した企画書を持っていったところ全て断られてしまいました。
大学院への進学も考えていたのですが、落ちてしまったので、それであれば自分でやりたいことをやろうと思い、背水の陣から立ち上げたのがきっかけですね。
卒業と同時に会社を立ち上げることになりますが、固定費を削りたかったので、最初の年は登記をしませんでした。ただ、一年目が終わった時点で利益が出てしまったので、今の役員構成で正式にスタートすることになります。なので、創業からカウントするともう既に4年目で、自分自身は3月で26歳になります。

◆業種を選んだ理由は

どの業種でもよかったのですが、スタートするにあたって固定費や初期投資がかかるものはリスキーだし、スピードが上がらないのでそういうものは省いていこうという感覚でみていったときに、結果的にインターネットになってしまいました。
また、同時期にfacebookさんが走ってきたタイミングでもあったので、自社コンテンツで成功したいなという思いがありましたね。
しかし、始めてからしばらくしてみると、自社コンテンツを有益化するのにはとても時間がかかることが分かったんです。それであれば、自宅開発やキャッシュ周りが早い事業にメインをきっていこうと方向転換し、今はそれを主軸に動いています。

◆過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

まず会社に入ったことがなかったので、礼儀がわからなかったというのがありますね。挨拶の仕方とか、上座とか下座とか…。 当時、上場企業の社長に誘われて料亭に連れて行かれることも多かったのですが、度々突っ込まれていました。 一番最初のアポイントも上場企業の社長さんでしたが、Tシャツ一枚で、鞄もメモ帳も持たずにいったらさすがに怒られましたね。それからも、トライアンドエラーを繰り返しながら覚えていきました。 仕事関連でいったら、自宅開発だったので、契約書のフォーマットをはじめ、ルーチンの構築が難しかったです。

◆今後の会社の展望を教えてください

今は、システム開発とかサービス開発の部分で、アプリケーション層の仕事をしているんですけど、別にwebにずっといたいわけではないんです。ITは主軸だけど、どんどんインフラ方面に降りて行きたい。体よくいえば、国を創りたいですね。政治にも興味がありますよ。

◆座右の銘

ノブレス・オブリージュ
⇒「高貴さは(義務を)強制する」「高い身分に伴う義務」
一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。

特集「田内広平代表」の記事一覧
もっと読む
  • ITを通じてに日本のインフラを変える/田内広平
    2014.10.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
ヘッジファンドとはあらゆる市場環境でプラスリターンを目指すファンド。下げ相場でも「絶対リターン」を追求します。伝統的市場での資産運用不調で、個人投資家も機関投資家もヘッジファンドへの関心を高めています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ