1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 清水史浩代表
  4. B“EST “を更新し、世界に挑む若き企業家/清水史浩

清水史浩代表

B“EST “を更新し、世界に挑む若き企業家/清水史浩

2014.12.15

株式会社エストコーポレーション
代表取締役 清水史浩


【事業内容】
・ヘルスケア事業
・マーケティング事業
・EST Doc事業
・コスト削減ソリューション

【URL】
株式会社エストコーポレーション
http://est-corporation.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私が中学生の時、父が重い病気に罹ってしまったのですが、海外の薬を摂取する事で長生きすることが出来たのです。その経験から、医療関係の会社を創ろうと考え、学生時代、修行の為に営業会社でインターンとして医療機関に訪問していました 。そこで目にしたのが医療業界の電子化の流れです。即座に特定診断の電子化ビジネスを考案し「歳を取るとリスクを負えなくなる 。リスクを負う ならむしろ若い今だ!」と思い、22歳で起業しました。しかし、最初の3年間は困難の連続でした。売上はないけれど、先行投資だけがかさむような状態が続き、みるみる資金が目減りしていった事を覚えています。しかし「売り込み」の営業からお客様目線の商品設計を徹底した結果、次第に売上が伸びて行きました。新規開拓が得意であった事も手伝って 、後に続く好循環を実現することができました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

黒字化に重要な事は「投資」と「経費」を明確に区別する事です。このうち、経費の為のお金は限界まで削減できるはずですし、実際削減しています。しかし投資となれば企業の成長の糧として積極的に資金を投じています。特にエストコーポレーションでは人に関する投資には積極的です。社員の教育に投資するのは勿論、オリジナルの表彰 制度で社員のモチベーションを高く保っています。当社では「笑顔が素敵」「お客様へのおもてなしが凄い」といった人間力を重視しています。そこで、毎月全社員が「どこまでもポジティブ賞」「おもてなし賞」といった各賞にふさわしい社員を投票して表彰しています。受賞者は特大のサイコロを振り、出た目の数に応じた報酬をもらう事ができます。
会社は8 期目を迎えましたが、今後は 成長の為の先行投資を積極的に行っていきます。今後は上場も視野に入れて、業績を伸ばしていきます。エストの爆発力に期待していてください。

Q3.座右の銘

「運命よ、そこを退け、俺が通る」

以前、官公庁へ高齢者の健康・ニーズ調査事業を提案し に行ったことがありました。私も今よりずっと若く、官公庁という立派な取引相手を前に物怖じしそうになった時、マイケルジョーダンの「運命よ、そこを退け、俺が通る」という言葉に勇気づけられました。結果、今では累計500 の自治体と二次予防事業の契約を頂けるまでになりました。


特集「清水史浩代表」の記事一覧
もっと読む
  • B“EST “を更新し、世界に挑む若き企業家/清水史浩
    2014.12.15

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ