1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 緒方健人代表
  4. もう一度、不動産投資を考える。 /緒方健人

緒方健人代表

もう一度、不動産投資を考える。/緒方健人

2014.12.15

株式会社PULLUP
代表取締役 緒方健人


【事業内容】
・不動産売買・仲介・管理
・保険代理店業務
・不動産コンサルティング業務

【URL】
株式会社PULLUP
http://pullup.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

社会人になってから5年間、不動産投資の会社で社会人経験を積みました。そこから現在の会社を起業しました。私が思うに、ベンチャー企業はスタートアップしてから2~3年は勢いで行けるところがあると思うのです。しかし、長期的に経営を観て行った時、単に「プレイヤー」から「組織」に変化していく必要があります。人を雇って分業し、経営者として「考える時間」を持つという事も重要になってくるからです。
困難というと、現在でも挑戦中の課題ではあるのですが「組織のマネジメント」という点での困難が大きいです。例えば「自分と相手は同じ人間ではない」「自分の常識は相手にとっての常識ではない」とは良く言いますが、実際に組織を運営してみなければこの言葉を本当の意味で理解する事は出来ないと思います。今では組織力をより強固なものにする為に、社員に企業理念を浸透させる為の対策を行っています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

三つあると考えているのですが、一つは「即断即決」を重視する事です。 私が思うに、多くの悩みは単に迷っているのではなく、怖気づいているだけなのだと思っています。簡単に「やるか、やらないか」という事を軸として判断していれば、スピーディな意志決定が出来るものです。
二つ目は収入を多くして、支出を少なくする事です。キャッシュが無ければ経営は成り立ちませんので、キャッシュフローを安定化させる事が第一だと考えています。 また経営手法に関して言えば「短期で稼げるビジネス、中長期で稼げるビジネス」をバランス良く展開する事で、全体としての経営を安定化させています。
三つめは「どのような情報と触れあうか」という事を重視している点です。「どのような情報と触れあうか」は「どのような人と知り合うか」によって大きく左右されてきますから、常に人との出会いは大切にしています。

Q3.座右の銘

「一球入魂」
「僕と関わる全ての人間が幸せであったら良い」
前職で不動産投資を実践しており、正直に言えばアーリーリタイアも出来るくらいだと考えていたのですが、お金があるから幸せな出会いがあるとも限りません。突き詰めると、この言葉に行きあたるのだと思います。


特集「緒方健人代表」の記事一覧
もっと読む
  • もう一度、不動産投資を考える。 /緒方健人
    2014.12.15

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.09.06
株式を活発に売買するヘッジファンドほど、証券会社による株式の売買に使われるアルゴリズムの実際の中身について関心を示していることが明らかになった。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ