1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 長嶋哲夫代表
  4. 社会に貢献できる人材の輩出/長嶋哲夫

長嶋哲夫代表

社会に貢献できる人材の輩出/長嶋哲夫

2014.12.18

株式会社キャリア・ナビゲーション
代表取締役 長嶋哲夫


長嶋哲夫代表

【事業内容】
・小学生、中学生、高校生向け教育機関「kodomo会社」の運営
・大学生、専門学生、短大生向け稼ぐ人材育成塾「Professional Student Firm」運営
・社会人向け稼ぐ人材育成塾「Professional Businessperson Firm」運営
・企業、団体様向け人材紹介及び派遣
・学校、企業様向け教育カリキュラム企画及び実施
【URL】
株式会社キャリア・ナビゲーション
http://career-navigation.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

起業して1年目は、営業をしてもなかなかお仕事が貰えず、資金面で大変な思いをしました。当時は、昼間は営業、夕方は学生スクールの講師、夜間は夜勤バイト、そんな毎日を過ごしていましたが、アルバイトをしながら会社を運営すると、心理的に安心してしまい、事が前へ進みませんでした。その事に気が付いてからは会社の営業に注力して、何としてでもお仕事を頂けるように毎日行動しました。それをきっかけにお仕事を頂けるようになり、事業も少しずつ大きくしていきました。
起業すると様々な不安がありますが、何としてでも成し遂げてやるぞという気概と危機感を持って前へ推し進めていくことが大切だと実感しました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

売り上げを伸ばすことは勿論ですが、お金を残さない、つまり自分にお金を使うのではなく、数年先の黒字化の為に一時的に赤字をしてでも、人に投資をするべきだと考えます。教育においては、良い環境を整備することが重要だと考えており、それは人であり、空間であると思います。また、教育経営においては、教育理念を曲げずに一貫することが周りの人達を引っ張り、事業の拡大に繋がると考えます。

Q3.座右の銘

「道理」

私は義理人情を断ち切って生きた時が過去にあり、決していい思いはしませんでした。私に関わる人たちには愛情を持って生きて欲しいと思いますし、生まれてきたからには使命感を持って生きて欲しいなと願います。


特集「長嶋哲夫代表」の記事一覧
もっと読む
  • 社会に貢献できる人材の輩出/長嶋哲夫
    2014.12.18

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ