1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 須田将啓 代表取締役 最高経営責任者インタビュー
  4. 競合他社のいない「真空地帯」で稼ぐエニグモの強さ/須田将啓

須田将啓 代表取締役 最高経営責任者インタビュー

競合他社のいない「真空地帯」で稼ぐエニグモの強さ/須田将啓

2014.12.22
【我が社の成長と拡大の展望】

株式会社エニグモ
須田将啓 代表取締役 最高経営責任者

エニグモ(マザーズ:3665)の成長と拡大の可能性、将来性を須田代表に伺いました。エニグモの強みは世界的にみても競合他社がいないこと。須田代表はすでに世界展開をにらんでいました。



豊富な海外ブランドの品揃えと安心・安全が自慢

――最近、業績が急速に伸びていますが要因はなんですか?

インターネット上に存在する、物の売り手と買い手が自由に参加できるマーケットプレイスなので、参加者が増えれば増えるほど強くなる構造的な仕組みをもっています。あとはネット通販が広がったり、スマートフォンでの買い物がより身近になったりしていく中で、当社は他社にはない品揃えをもっています。そこが消費者の方々から受けている要因だと思います。

海外ブランドがこれだけ揃っているのは、当社が運営しているBUYMA(バイマ)しかありません。当社のビジネスモデルには競合他社がいないので、真空地帯にいるようなものです。独自の強みを持っていることと、10年間かけてオペレーションを洗練させてきたことが伸びている理由だと思います。海外からものを買うのは不安なものですが、偽物を完全に排除したり、トラブルがあったときに対応したり、壊れたものを補償したり、安心・安全への取り組みを洗練させてきたことも評価されていると思います。

――どうして競合他社が登場しないのですか?

バイマの仕組み自体は簡単ですが、パーソナルショッパー(出品者)様に売れるようなものを出してもらうために、こちらから情報提供するオペレーションは複雑です。売れるようなブランドと価格、商品に関するコメントをこちらから情報提供しないと商品はほとんど売れません。また、世界114カ国に約6.3万人の出品者のネットワークを作ることは、一朝一夕に真似できることではありません。パーソナルショッパー(出品者)様の悩みを聞いて、適切なアドバイスをあげることも重要で、実はとても手間暇のかかるサービスなのです。

マーケットプレイスができてしまったあとはネットワークの外部性が働きますので、出品する人はできるだけ多くの購入者様がいるところに出したいし、購入者様はよりたくさん商品があるところで買いたいので、一人勝ちしやすい構造になっています。その点でも、他社が追随できないのだと思います。

売れないと出品者も淘汰される厳しさ

――パーソナルショッパー(出品者)はどのような基準で選ぶのですか?

最後に決めるのは購入者様です。購入者様からの評価が一番重要で、そこで評価の高いパーソナルショッパー(出品者)様は、ゆくゆくはプレミアム・パーソナルショッパー様としてサイトで目立つ位置に置いたりとか、より売りやすい環境で活躍できるように当社の方でも後押ししたりします。購入者様から評価されないパーソナルショッパー(出品者)様は淘汰されていくということになります。

――今後もこのビジネスモデルを進化させていくのですか?

ようやく準備ができて始まったのが2005年で、もうそろそろ10年経ちます。最初は何でも売ることから始めましたが、まったく〝イケてない〟サービスでした。そこから方向転換してファッションに特化して、ようやく洗練されたサービスになってきました。ただし、まだ知る人ぞ知るサービスなので、これから認知度を高めていきたいと思っています。

今年の11月には「返品補償制度」も導入しました。届いた商品のサイズだけでなく、イメージが違った場合も返品ポイントをお返しするサービスで、当社としてもチャレンジングな制度の導入ですが、お客さまの安心を高めるために大きな効果があると考えています。

――社長の経営者としての夢はなんですか?

このビジネスモデルには、世界的にみても他に存在しません。このモデルでグローバルに展開して、世界中の人々に使ってもらえるサービスに進化させていきたいと考えています。それぞれの国のパーソナルショッパー(出品者)様が、それぞれの国の消費者の嗜好に合う商品選びをすることで、世界的にバイマの展開を広げていきます。今後10年で、エニグモという会社を世界でも通用するグローバルカンパニーに育てます。

【企業データ】

株式会社エニグモ

 http://www.enigmo.co.jp/



■BUYMA(バイマ)とは

BUYMAは、世界114カ国に在住する約6.3万人のパーソナルショッパー(※)から世界中のブランド品をお得に購入できるこれまでにない新しいソーシャルショッピングサイトです。

 ※パーソナルショッパーとは、自分のセンスや感性で最新のトレンド情報をキャッチし、お客様の嗜好に合わせてスタイリングやアイテムを紹介するなど、より一層ショッピングを楽しめるよう買い物をサポートするスペシャリストです。BUYMA では、世界中で活躍するパーソナルショッパー一人ひとりのホスピタリティ溢れるサービスが、ショッピングサービスの新しい価値を創り出しています。

会員数は200万人を突破、日本未入荷や海外限定アイテム、国内完売の人気アイテムといったレアな商品が満載で、ラグジュアリーブランドからプチプラブランドまで、5,800以上のブランドが揃っております。パーソナルショッパーが海外で直接買い付けを行うから、日本で買うより安い商品が豊富です。

パリ、ロンドン、NY、ミラノ、マドリードなど世界の主要都市を始め、世界114カ国にいるパーソナルショッパーから購入できるため、在庫を多数取り揃えております。パーソナルショッパーは全て日本人だから、安心して日本語でスムーズなお取引ができます。また、店舗にもサイト上にも見つからないレアな商品は、約6.3万人のパーソナルショッパーに直接リクエストが可能です。

商品代金のお支払いはBUYMAが商品代金を仲介する、安心の「後払い決済」を採用しております。商品が届いてから決済が確定するから、破損などのトラブル対策も安心です。万一の紛失や非正規品(偽物)にも、「あんしん補償制度」がしっかりサポートしております。

BUYMAは海外ファッションアイテムにおいて、「どこよりもいいアイテムを、どこよりも多く、どこよりも適正価格」で購入できるソーシャルショッピングサイトを目指しております。


  • 競合他社のいない「真空地帯」で稼ぐエニグモの強さ/須田将啓
    2014.12.22

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.04.26
米金融業者のMRIインターナショナルが、資産の一部を消失した疑いがあることが、証券取引等監視委員会の調査でわかった。同社が販売していたのは、「診療報酬請求権債権投資(MARS投資)」と呼ばれる商品。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ