1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 槇千亜紀副代表
  4. 一番危険なのは本心を見失うこと/槇千亜紀

槇千亜紀副代表

一番危険なのは本心を見失うこと
/槇千亜紀

2015.01.08

株式会社アルカディア・イーエックス
取締役副社長 槇千亜紀



Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

会社設立以来、乗り越えてきた苦難や試練は数え切れません。それでも、やめようと思ったことは一度もありませんでした。様々な助言をくれる人もいましたが、他人は責任を取ってくれません。そして一番危険なのは本心を見失うことです。どんな困難にあっても、自分の本心が諦めることをしなかった結果、今があります。最も厳しい時に頼れるのは自分の本能しかないと思いますし、一度スイッチが入れば、私は強くなれます。2014年で創業13年目を迎え、この考えにはますます確信を持てるようになりましたね。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

一つは期待値以上のものを提供する事です。私どものサービスは価格的なメリットばかりを追求しません。キャビンアテンダント出身の私は、お客様の信頼を得、ニーズを先回りして提供することを得意としています。期待値以上の仕事を、誠意を持って取り組めば価値を下げることはありません。二つめは商品力の強さです。昨年開発した、外食やサービス業界向けのパート・アルバイト人材育成システムは、自己評価や本部店舗間コミュニケーションを通じてやる気を促進するツールで、導入企業からは「アルバイトさんがここまで頑張っていることを改めて知った」というお声を頂いています。

Q3.座右の銘

そこに可能性が1%でもあれば必ず勝ち取ることをイメージし、それを信じて努力します。
「無理」とか「不可能」とは、自身が勝手に引いた限界です。1%でも可能性があれば、それを信じ努力し確信に変わるまで行動すれば、単なる可能性だったものは現実となります。


特集「槇千亜紀副代表」の記事一覧
もっと読む
  • 一番危険なのは本心を見失うこと/槇千亜紀
    2015.01.08

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ