1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 安藤和明代表
  4. 客観的な視野が不可欠/安藤和明

安藤和明代表

客観的な視野が不可欠/安藤和明

2015.01.06

株式会社C&Cファクトリー
代表取締役 安藤和明


安藤和明代表

【事業内容】
・各種映像制作
・ホームページ企画構成、制作
・ポスター、チラシ等の各種デザイン・印刷
・その他セールスプロモーションに関する制作
 全般

【URL】
株式会社C&Cファクトリー
http://www.c2-factory.com/
C&CファクトリーONLINE SHOP
http://www.wisecart.ne.jp/kome3


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

元々とあるテレビ局に勤務をしていたのですが、独立しフリーになったばかりの頃は仕事が無くて大変でした。思い出すと冷や汗ものです(笑)。
私は運が良く、半ばラッキーでここまでこられた感はありますが、それもこれも人との縁だと痛感しています。「いい人」にたくさんお会いすることができて本当に良かったと思っています。

運とのめぐり合わせや、人との繋がりを今後も大事にしていきたいと思っています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

我々の業界は狭い世界ですので、どうしても特に現場制作においては偏屈といいますか、狭い世界の中だけでの常識に囚われてしまいがちです。
前述したように人との繋がりを大事にしたいという方針にブレはありませんので、そのためにも、また制作上においても広く視野を持つ、ということがまず重要だと思っています。

あとは、お客様がなにを望んでおられるのかを出来るだけ正確に察知し、出来るだけそれを上回るご提案をする、というのがモットーです。
そしてそれを可能な限り短納期で、また安価でご提供する、ということです。

社内的には、出来るだけ制作工程を簡略化し、ムダを省くということ。なにが必要でなにが不要かを見極め、それを正確に実現する、ということです。そのためにも広く客観的な視野は不可欠ですね。

Q3.座右の銘

「今はまだ人生を語らず」

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

日本ホメオパシーセンター東京新宿都庁前 万波健吾代表

デザインシンフォニー 相田修一代表からのご紹介


特集「安藤和明代表」の記事一覧
もっと読む
  • 客観的な視野が不可欠/安藤和明
    2015.01.06

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.07.24
アベノミクス効果によってたしかに株価も上がり、円安も進みました。一部の人々の懐はたしかに暖かくなったように見えます。しかし、日本の景気はこれから本当に本格的に回復するのでしょうか? …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ