1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. アクティブ・コネクター株式会社 松本麻美・代表取締役社長CEOインタビュー 
  4. 優秀な外国人留学生の人材確保なら私たちにお任せ下さい!/松本麻美

アクティブ・コネクター株式会社 松本麻美・代表取締役社長CEOインタビュー 

優秀な外国人留学生の人材確保なら私たちにお任せ下さい!/松本麻美

2015.01.19
【我が社の成長と拡大の展望】

アクティブ・コネクター株式会社
松本麻美・代表取締役社長CEOインタビュー 

弊社のミッションは「Made in Japan」から「Made with Japan」です。具体的には日本企業が世界を視野に入れたイノベーションを実現できるようにするために、日本と海外を行き来できるハイブリッドな人材として外国人留学生を企業に紹介しています。



――貴社の業務内容をお話し下さい。

弊社のミッションは「Made in Japan」から「Made with Japan」です。具体的には日本企業が世界を視野に入れたイノベーションを実現できるようにするために、日本と海外を行き来できるハイブリッドな人材として外国人留学生を企業に紹介しています。東京大学、早稲田大学、東京工業大学などを中心に、外国人留学生のネットワークを構築しています。現在は、インターンシップ及びフルタイムの人材紹介を中心に、他にグローバル事業の戦略立案のセッションなども行っております。

――ハイブリッドな人材はなぜ留学生が向いているのでしょう?

外国人留学生は日本に想いをもって来ています。日本に来てつらい経験をする中でも、それでも日本に強い関心をもっている貴重な人材です。日本の文化への理解もあります。日本がこれから世界を視野に入れてなにかをしようとするときに、こういった日本に思い入れのある、同時に外国のバックグラウンドをもった優秀な人材は非常に貴重です。

今の日本は技術的にはかなり高い水準にあります。ただし、日本のマーケットだけを対象にするのではなく、海外のマーケットを対象にしていくためには、日本製品の機能のどこを削ぎ落せばよいのか、どんな機能・デザインを新たに入れるべきなのかという工夫が必要です。日本が大好きで、かつ海外のニーズを組みとれる外国人留学生は、これらの点で日本人より優れていると言えます。

――社長のご経歴は?

私は大学院卒業後、米ゴールドマン・サックス証券に勤務したのち、NGOに転職し、パキスタンに行きました。パキスタンは親日国で、国民はみんな日本が大好きです。パキスタンの人口は世界六位で、若年人口は6割を占め、非常に可能性のある市場ですが、日本企業の多くがこれにまったく気づいていないことに驚きを受けました。「こういった可能性のある世界の国々と日本企業をつなげたい」と思ったことが、私の大きなターニングポイントになりました。

その後はJICA(国際協力機構)に移り、パキスタンの円借款のプロジェクトを遂行する業務に携わっていました。日本企業の「価格が高くても優れた製品なら売れる」という思い込みは、現地のニーズにマッチしていないことも目の当たりにしました。現地のニーズを理解した人間によるイノベーションが、日本企業には必要だという思いを強くして、今の会社の起業につながりました。

――これまで、たとえばどのような企業との取引実績がありますか?

弊社のビジネスは、グローバルマーケットを視野にいれた戦略開発と、人材紹介ですが、大企業ですとマイクロソフト、朝日新聞、その他大手不動産企業との実績があります。他にも大手広告代理店、中小・ベチャー企業ではMUGENUP、白ヤギコーポレーションなどに紹介してきました。MUGENUPは雇用創出ランキング「Job Creation 2013」に入賞した、積極雇用で急成長している企業です。

――外国人留学生を受け入れた側の企業の評価はどうですか?

総じて良いです。実際に会ってみて留学生の良さに気付いて採用を決めるケースが多いようです。一方で、外国人ならではの慣習に驚くケースもあって、たとえば東南アジアの学生を受け入れた企業の人は、その学生の考え方が非常に楽観的だったり、日本人の常識がそのまま通じないな、と感じたりすることもあるようです。

――日本というのは外国人留学生にとってあまり魅力的な国ではないのではないですか?

日本政府は、全額奨学金を出す制度を設けるなど努力していることもあって、外国人留学生が日本に向かうインセンティブはあります。日本の大学も、英語しかできなくても卒業出来る講座を増やすなど努力もしています。アメリカと日本の大学両方に受かって、日本を選ぶ人も増えているようです。ただし、門戸を広げても、そのあとのサポートが絶対的に足りていません。就職先を見つけるサポートをするなど、出口を改善することも必要です。

――貴社の今後の展望をお話し下さい。

私たちが目指しているのは、日本企業が世界を視野に入れたイノベーションを起こすことをサポートすることです。そのために、外国人とこれを一緒にやっていきましょうというのが、私たちが提唱する「Made with Japan」です。これを日本の、当たり前のスタンダードにしていきたいと思います。

【企業データ】

アクティブ・コネクター株式会社

 http://www.active-connector.com/company/



課題先進国と言われる日本。 世界の革新的企業トップ50にランクインしている日本の会社は5社。かつて世界トップに上り詰めるかと思えるほどのGDPをもち、 「Look Japan」といわれ他国からの、目指すべき学びの対象とされていた日本が、もはや「Look Japan」=「日本のようにならないようにしよう」 という意味で世界から見られていると言われています。一方で、この現状を嘆くには早すぎると私たちは考えています。日本にはたくさんのすばらしい可能性があります。 これからイノベーションを実現し、同時に日本と世界をつなぐことで、ブレイクスルーを体験して行く新しい未来を一緒に作って行きたいと思っております。日本にはたくさんのインターナショナルなバックグラウンドをもち、世界と日本の架け橋になりたいと考えているグローバル人材がいます。弊社はそのようなグローバル人材と、変革していく企業様の橋渡しをしていきます。


  • 優秀な外国人留学生の人材確保なら私たちにお任せ下さい!/松本麻美
    2015.01.19

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
世界にはたくさんの一流ヘッジファンドがあります。中でも上位のファンドの運用者の報酬は目が飛び出るばかり。ファンドのリターンが高い証拠であり、有名ヘッジファンドに投資する個人投資家も着実に増えています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ