1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 佐橋正行代表
  4. 希望と野望を持つことが大切/佐橋正行

佐橋正行代表

希望と野望を持つことが大切
/佐橋正行

2015.01.20

株式会社システムコミュニケーションズ
代表取締役 佐橋正行


佐橋正行代表

【事業内容】
ソフトウェア開発事業
ソフトウェア検証・評価事業
ネットワーク事業

【URL】
株式会社システムコミュニケーションズ
http://www.sys-coms.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は今でこそIT企業の経営者を務めておりますが、以前はホストやディーラーといったITとは程遠い業界でお客様と向き合っておりました。
IT業界に飛び込んだきっかけは、新聞の折り込みチラシにあった「SE、プログラマー募集」という文字が目に入ったことです。SEという響きがかっこいい!と思い、予備知識もないまま面接にこぎつけたのですが、ハードウェアとソフトウェアの違いも分からず、結果も当然採用には至らずでした。
しかし人生とは不思議なもので、それから半年後、落ちたはずの企業から突然電話が来て、翌月から採用して頂くことになったのです。パソコンの電源の入れ方も分からないまま、入社をしましたが周りの方々に支えられながら実戦を積んでいき、独立の日を迎えることが出来ました。
独立してからも様々な困難はありましたが、一緒に闘っていくことのできる仲間に巡り合えたことで、これからの成功を確信することが出来ました。

人生の転機はいつ訪れるかわからないものです。ここまで支えてきていただいた方々へしっかりと恩返しが出来るよう、今後もいただいた御縁を大切にしながら夢を追いかけ続けます。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

「希望と野望を持つこと」これに全てが集約されていると思います。
希望と野望を人に話すことが大切です。伝えることで周りも理解できるし、自分にプレッシャーを掛けることにも繋がるからです。

私は会社設立時から5年以内に新規事業を立ち上げるという希望、10年以内に株式上場するという野望を社員に伝え続け、絵空事と思われないだけの実績を残してきました。社員が一丸となって仕事に取り組むためには、風通しの良い環境が不可欠です。
当社の中でも密にコミュニケーションをとることで、一緒に戦ってくれる仲間が一人、また一人と増えてきており、今後の飛躍を予感しています。
また、あらゆるビジネスのチャンスにアンテナを張り続けられるよう、社内から湧き出た事業のアイデアを汲み取る、ベンチャー企業支援制度も充実しています。
黒字経営という道を通り、野望の実現というゴールを目指し、今後も仲間とともに走り続けていきます。

Q3.座右の銘

「命を取られるわけでは無い」
失敗した時、つらい時、大きな挑戦をする時、誰でも後ろ向きに物事を考えてしまいがちです。しかし、命を取られるわけでは無いと開き直って、前向きに考えることが出来れば、必ず乗り越えられると信じており、いつもこの言葉を思い出して奮起しています。


特集「佐橋正行代表」の記事一覧
もっと読む
  • 希望と野望を持つことが大切/佐橋正行
    2015.01.20

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ