1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. デービット ホルトン代表
  4. To Whom much is given, much is expected./David Halton

デービット ホルトン代表

To Whom much is given, much is expected./David Halton

2015.01.22

株式会社ボディプラスインターナショナル

CEO, Founder David Halton

デービットホルトン代表

【事業内容】

  • スポーツサプリメント自社ブランドHALEO・バルクスポーツの製品開発、製造、販売業務
  • 個人輸入代行業務

  • 【URL】

  • 株式会社ボディプラスインターナショナル
  • HALEO
  • BULK SPORTS
  • 個人輸入代行サイト『ボディプラスUSA』
  • Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください


    There are too many but our biggest challenge became key to the success of BodyPlus.

    When I was in my mid 20's, I thought I could do it all and tried to run 3 companies at once, 2 in Japan and 1 in the US. After a few years of success, our US business became very ill and after I put all of my personal money and much of our Japanese companies' resources into saving it, ultimately it was bankrupt.

    At the same time, our import business was built on a few products manufactured in the US. We had a problem with customs and we were no longer able to import or sell our main products. This meant that we would be out of business when our remaining inventory ran out. We had 6 weeks at most before I would have to lay everyone off and shutter the doors.

    Unless we could produce replacement products in Japan and switch our customers to our brands, within 6 weeks.

    Not only did we need to start a new business - manufacturing sports supplements in Japan, we had no contacts, no business history and no money, in fact the US company left me 6000man in debt.

    It seemed so overwhelming that I was depressed and needed to take antidepressants just to go to the office and put on an act that things were OK. I even thought for a brief moment that I could spare my family more debt if I died.

    Thankfully, I knew feeling sorry for myself, dwelling in fear and giving up was not going to get us through it.

    So I contacted a supplement manufacturing company and in broken Japanese somehow set up a meeting with the president.

    He must have seen something in my desperation because after hearing my story during that first meeting, he told me he would make all of the products we needed within 8 weeks and I could pay him back when I was able to. There was no time for happy tears, I knew I now needed to sell like a madman and pay him back.

    This is how our original brands, HALEO and BulkSports was born and this time of difficulty became our strongest asset because we did not give up.


    本当に沢山あるのですが、一番の困難がボディプラスの成功のカギとなりました。

    私が20代半ばの頃、なんでも出来るような気になり、日本で2社、アメリカで1社の3つの会社を同時に運営していました。2、3年は順調でしたが、その後アメリカの会社が不振になり、私の個人的資産と日本の会社の資産の大半をつぎ込んだ挙句、結局は破産してしまいました。
    同じ頃、いくつかのアメリカ製品を軸に輸入業を営んでいましたが、税関で問題が発生し、主力商品の輸入販売が出来なくなってしまいました。その結果、在庫が底をつくと同時に商売が不可能になる状況に陥りました。社員を解雇して店じまいに至るまで長く見ても6週間しかありませんでした。
    それを免れるためには6週間で日本でそれに代わる製品を製造し、顧客に乗り換えてもらうほかありませんでした。
    日本国内でスポーツサプリメントの製造という新しいビジネスを始める必要があっただけでなく、コネも取引歴も資金も何もない状態で、しかもアメリカの会社の6000万円の負債も背負っていました。
    問題の大きさに圧倒され、鬱症になり、会社で何事もないかのように振る舞うために抗鬱剤を飲みながら出勤しました。束の間でしたが死んだ方が家族にこれ以上の負債を負わせなくて済むかとも考えました。 しかし幸いにも、自分を哀れんで恐怖に浸り、すべてを放棄しても事態を乗り越えることは出来ないと気が付きました。
    早速私はサプリメント製造会社にコンタクトを取り、つたない日本語で社長に面会を申し込んだのです。
    その時初めての面会で私の話を聞いた社長は、私の絶望感に何かを感じられたようで、6週間以内に必要な製品をすべて製造しましょう、そして支払いは出来るときで良いとまで言ってくださいました。うれし涙をこぼしている暇などなく、私はがむしゃらに売りまくり、社長に返済しようと心に決めました。
    わが社の自社ブランド、HALEOとバルクスポーツはこうして生まれ、ギブアップしなかったが故にこの苦難が私たちの最強の資産となったのです。


    Q2.黒字経営の秘訣を教えてください


    There are no secrets to this, just 3 basic rules:

    1) First, your company must be built to provide products or services with a pure and true intention of making a positive impact on life.

    This becomes the core function for your company, where the majority of your people's energy is directed.
    If your core direction deviates from this, you never can create a great brand.
    For example, some companies aim to be the cheapest so their core function shifts from:

    "How can we do our part in improving the lives of our customers?"

    to:

    "How can we make our products cheaper than Brand A?".

    When a company's core function is being cheapest, lower priority is given to innovation, quality and customer satisfaction. Without these as the driving manifest for your company, you cannot capture customer's hearts.

    2) Secondly, as a business leader, you need to have a good sense of all costs and sales of every SKU your company offers.
    Because you need to make so many quick, critical decisions throughout the day, you need to know the profit margin you are running on each product or service.
    When you run a larger business, this is obviously very difficult to do but, thats our job as decision makers.

    3) Sell! To be a profitable business, you can only do two things: sell more or reduce costs. Reducing costs often hurts our customers so I prefer to sell more. Sales cures all.


    秘訣というものは何もありません。ただ次の3つの基本的ルールがあるだけです。

    1)会社は人生にポジティブなインパクトを与えるという純粋で正直な意図を持って製品やサービスを提供することを目的としなくてはならない。
    これが会社の中枢機能となり、そこに社員のエネルギーが注がれる。 会社の中心的方針がこれより外れると、優れたブランドを作ることは出来ない。 例えば会社の目的が最安値の製品だったとすると、その会社の中枢機能は 「どうすれば顧客の生活の改善に役立つことが出来るか?」 から 「どうすればA ブランドより安い製品をつくれるか?」にシフトしてしまう。

    会社の中枢機能が最安値の製品を売ることなら、革新、品質、顧客満足などは優先されなくなる。これらを優先しない会社は顧客の心をつかむことは出来ない。

    2)ビジネスリーダーは、会社が提供するすべての商品のコストとセールスに関し、しっかりした感触を持っていなくてはならない。1日中数多くの重要な決定を素早く下す必要があるため、各製品やサービスの利鞘を把握していなくてはならない。大企業だとこれは明らかに難しいことだが、これが意思決定者の仕事である。

    3)売ること。ビジネスで利益を上げるために出来ることは2つしかない。販売量を増やすか、コストを下げることだけだ。コストを下げることはしばしば顧客の害になることが多いので、販売量増大の方が良い。セールスはすべての問題を解決する。


    Q3.座右の銘


    「To Whom much is given, much is expected. 」


    「多くを与えられた者には、それだけ大きな期待が寄せられる」






    特集「デービット ホルトン代表」の記事一覧
    もっと読む
    • To Whom much is given, much is expected./David Halton
      2015.01.22

    日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

    あわせて読みたい

    2013.05.31
    米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

    海外投資新聞に関するみなさんの声
    関連する海外投資新聞の記事
    ページトップへ