1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 重野和稔代表
  4. 地獄を見てわかったこと/重野和稔

重野和稔代表

地獄を見てわかったこと/重野和稔

2015.02.04

株式会社ガラ エンタープライズ
代表取締役 重野和稔


重野和稔代表

【事業内容】
飲食直営店の経営
飲食業を中心としたプロデュース、コンサルタント業

【URL】
株式会社ガラ エンタープライズ
http://www.gala-e.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

7年前、弊社直営の3号店が半年でお店を畳むことになりました。これまで、1号店、2号店と順調に売上を伸ばしていたことで、私がマーケティングを怠ったこと、数字の管理が甘くなっていたことが要因となったと思います。3号店は大型店舗でしたので、負債を数億円抱えることとなり、金融機関との取引が止まり、地獄を見ました。
人件費を最優先に考えながらも経費削減を行い、無駄なモノを取り除いていくことから始めましたが、しばらくの間は足踏みをする期間が続いていました。
そのような経験をしたからこそ、改めて1円10円の重みを知りましたし、資金繰りの大切さを再認識しました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

飲食店の経営で最も大切にしていることは「人材」の育成です。一つの飲食店には卸(食材調達)、製造(調理)、販売(料理提供)、サービスすべての業態が集約されています。それらすべてを上手く機能させていくにはやはり「人」だと思いますね。弊社の場合は、会社のコンセプトやマインドをベースにして、すべて現場スタッフに店舗運営を任せています。それは、モチベーションアップになりますし、自分達でお店を良くするという気概を持って働くことができるからです。
また、経営者として働く中で、どんなに小さいこと、どんなに細かいことでも諦めずに頑張り続けることが大切だと日々感じています。必ず見ている人がいますから。

Q3.座右の銘

「信頼と調和」
プライベートバンカーとして働いていたころ、当時の社長より「信頼こそ命なり」というお言葉を頂きました。信頼があって初めて人が集まり、そこに業が生まれ、最終的に利が生まれるものだと思っています。

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

株式会社オズクリエイト 川上兼司代表


特集「重野和稔代表」の記事一覧
もっと読む
  • 地獄を見てわかったこと/重野和稔
    2015.02.04

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ