1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 大須賀祐最高顧問
  4. 初心者でもわかる輸入ビジネス/大須賀祐

大須賀祐最高顧問

初心者でもわかる輸入ビジネス
/大須賀祐

2015.02.10

株式会社インポートプレナー
最高顧問 大須賀祐


大須賀祐最高顧問

【事業内容】
貿易コンサルティング業務
貿易・営業研修、講演、セミナーの運営業務
書籍の企画および販売

【URL】
株式会社インポートプレナー
http://importpreneurs.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

現在は、「日本人の国際競争力を上げる」ということをミッションに、そのミッションの達成のため貿易ビジネスの書籍の執筆、講演、コンサルティングを行っております。私自身は、以前は、28年余にわたり貿易会社を経営していました。貿易商という仕事は、物販ですから非常にレバレッジがききやすい反面、掛け売りで売りあげを伸ばしていくというシステムのため、回収不能のリスクもおこりやすくなります。お得意先に不慮のトラブルがあり、予定した入金がされない可能性もゼロではありません。結果こちらのキャッシュフローも目詰まりを起こしてしまうのです。リスクは抱えていることは理解しつつも、もうだめだという思いをしたことは一度や二度ではありません。
今では、そういった貿易業で発生する様々なリスクも正しくお伝えしながら、法人の新規事業としての輸入ビジネス部門の立ち上げ、そして輸入ビジネスでの起業のアドバイザーとしていかに低コストで、圧縮された時間の中でその目的を達成していくかのお手伝いをしています。私の28年に及ぶ貿易商としての経験とジェトロ認定貿易アドバイザーとしての幅広い知識をお伝えすること自体が、事業そのものになりますので、貿易自由化の流れの中で安定した事業を執り行うことが出来ています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

自分が、貿易会社で28年に渡り試行錯誤してきたことを、包み隠さずお伝えすることによってクライアントからの信頼を頂いているという事に尽きると思います。私は、6年前大きな岐路に立っていました。2004年ジェトロ認定貿易アドバイザーの資格試験に合格以来、経済産業省、ジェトロ、県、商工会議所、各種団体からの講演、アドバイス依頼が舞い込むようになりました。実業とアドバイザーとの仕事の中で、私自身に葛藤が生まれてきました。自分で同じ業をしながら本当に親身になってクライアントの要望に答えられるのか・・・と。悩みました。貿易会社の大須賀祐と、インポートプレナーでの貿易アドバイザーとしての大須賀祐のどちらが、本当に社会に貢献できるのかと。そして、アドバイザーとしての大須賀祐を選択したのです。そして、全精力でこのミッションをライフワークにして取り組んできたことが、多くのクライアント様の評価を得られたと理解しています。

経営手法については売上アップに影響のない経費を抑え、華美な事務所や車、派手な広告、接待などを行うことを極力排除しています。また、信頼できる仲間とのJV,コラボ、外注を多用して、経費節減と売り上げのアップを図っています。良い意味でお互いを活用する姿勢を持つことも求められ考えます。色々な方々の経験や話を聞き、自らの事業にいかに役立てるか、常にアンテナを張っていなければ、みすみすチャンスを逃してしまいます。 経費などの物理面と、仕事に取り組む姿勢などの精神面の両方で一定のレベルに達した時に、黒字経営という結果があるのだと思います。

Q3.座右の銘

「待つな」
「必ず道はある」
「苦しみは笑顔で隠せ」


特集「大須賀祐最高顧問」の記事一覧
もっと読む
  • 初心者でもわかる輸入ビジネス/大須賀祐
    2015.02.10

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2016.12.09
投資の手法として最近よく名前を聞くようになった「ヘッジファンド」 よくわからないもの、投機、実体のつかめないもの、ハイリスク・ハイリターンで儲けは大きいが損もでかいと言われていることが多い。 ヘッジファンドとは何なのか、なぜあまり知られていないのかも含めて、どのようなものかを解説する。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ