1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 笹野美紀恵代表
  4. カッコカワイイを日本の常識に/笹野美紀恵

笹野美紀恵代表

カッコカワイイを日本の常識に
/笹野美紀恵

2015.02.12

株式会社ワンブロウ
代表取締役社長 笹野美紀恵


笹野美紀恵代表

【事業内容】
モデル業
コンサルタント事業
企画・デザイン事業
Eコマース事業など

【URL】
株式会社ワンブロウ
http://oneblow.jp/index.html


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は、出来るだけリスクを負わない経営を行いたいと思い、資金の借り入れはせずに手元資金のみで起業しました。
余裕資金がなかったこともあり、数年前までは支出ばかりで一時的ですがギリギリになってしまったために、携帯電話が小一時間程止まってしまったこともあります。(苦笑)
その時は私物を売りながらどうにか資金繰りをしていたのですが、いよいよ限界が近づいてきた時、なんとかお客様にも恵まれて凌ぐことができました。「まあ、基本はなんとかなるだろう。」という私の考え方も、周りの方々の支えがあってこそだと思います。
また日本は豊かな国ですので、会社ではなく日雇いでも凌げるし、自分の強みを他で活かして行けるところまで行ってみることを決心しました。最悪上手くいかなかったらやめてしまえばいいと思っていました。

それまでは直感的に行動をしており、勢いに任せてしまうことも珍しくなかったのですが、その危機を通じ、閃いてからもワンクッション置いて行動をすることの大切さを学びました。アイデアを収益に結びつける段取りを設計することが上手になったなと感じます。
その結果、計画通りに事業を推進することが出来るようになり、今は安定して経営を行うことが出来ています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

会社を大きくしようと思わず、細く長く生き続けることに集中することが黒字経営の秘訣です。
今のメインの事業が10年後も20年後も続いているかわからないという疑いを常に持ちながら、会社を永続的に存続させるための策を考え続けることが経営者の役割なのだと思います。
当社では今後新たにサロン事業を展開していきますが、これも会社の拡大の為ではなく、新たなキャッシュフローを生み出すための事業展開に過ぎません。

また、最近の傾向では、会社のブランディングよりも経営者自身のブランディングも大切になってきていると感じています。孫社長やスティーブジョブズなどが良い例ですが、経営者のキャラクターによって会社自体のブランディングが進む、ということも間々あります。
私自身もメディアへの露出を高めることで認知度を上げていき、「カッコカワイイ生き方」を世に広めていけるよう努めていきます。

Q3.座右の銘

「無言実行」


特集「笹野美紀恵代表」の記事一覧
もっと読む
  • カッコカワイイを日本の常識に/笹野美紀恵
    2015.02.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.11.12
日本では個人金融資産の6割超が預貯金に滞留しているが、わずかにでも投資をしている人は日本株か国債がほとんど。外国株や外国債券に投資する投資信託等の普及はまだまだというのが現実だ。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ