1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 堀内誠代表
  4. 記念日を祝う事で新しい交流が生まれる/堀内誠

堀内誠代表

記念日を祝う事で新しい交流が生まれる/堀内誠

2015.02.12

株式会社インターナショナルアニバーサリー
代表取締役 堀内誠


堀内誠代表

【事業内容】
記念日の公式認定
記念日マーケティング
認定マーケティング

【URL】
株式会社インターナショナルアニバーサリー
http://kokusaikinen.com


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は17歳の頃から10年程アメリカに住んでいたことがあり、コミュニケーションと言うものを常に考えさせられる環境にいました。そのコミュニケーションはネットの普及により、活発になった反面、ダイレクトな人と人との繋がりは少なくなっています。

そこで、誰にでもある記念日を具体的に祝う事で新しい交流が生まれるのではないかと考え、起業しました。ただ、無名の会社が世界に向けて発信していくのはブランディングと言う意味で本当に苦労しました。実際に弊社だけで出来る事では大きなムーブメントにはならないので、様々な行政や団体、企業などとコラボレーションしなければ、本当の意味でのブランディングは出来ないと考えております。

また、当社では記念日と言う基本コンセプトのもとに「商売」と「ボランティア活動」を完全に分けています。商売の部分では記念日マーケティングと言う方法で商品の売り上げをあげると言う方法や、記念日に纏わるグッズの製造販売などがあります。

ボランティア活動の部分では恵まれない子供たちに記念日をプレゼントしたり、盲導犬の育成などの寄付をしたりなどを考えております。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

お客様に喜ばれないものは売れません。とにかく視点はエンドユーザーでなければなりません。エンドユーザーが喜んでさえくれれば必ずウィンウィンの関係になります。マーケティング、商品開発、ブランディングなど、すべてはお客様に向かって行われる事が大切だと思いますし、それが結果として帰ってくると信じております。

また、ライセンスなどの基本的な部分をしっかりと押さえる事がビジネスの上では大きなファクターです。当社もビジネスモデル特許を申請中です。

Q3.座右の銘

「Tomorrow The World 明日は世界を」


特集「堀内誠代表」の記事一覧
もっと読む
  • 記念日を祝う事で新しい交流が生まれる/堀内誠
    2015.02.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2016.12.09
投資の手法として最近よく名前を聞くようになった「ヘッジファンド」 よくわからないもの、投機、実体のつかめないもの、ハイリスク・ハイリターンで儲けは大きいが損もでかいと言われていることが多い。 ヘッジファンドとは何なのか、なぜあまり知られていないのかも含めて、どのようなものかを解説する。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ