1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 田村直己代表 中村潤専務
  4. 大和魂で世界をホンワカパッパ
    /田村直己 中村潤

田村直己代表 中村潤専務

大和魂で世界をホンワカパッパ
/田村直己 中村潤

2015.02.13

株式会社ふんどし
代表取締役 田村直己
専務取締役 中村潤


田村直己代表

【事業内容】
・お客様の声特化型広告の提案・作成
・自社メディア「キンキンラーメン道」「キンキンラーメン修行道」の運営

【URL】
株式会社ふんどし
http://www.fundoshi-inc.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

当社ではラーメン店・つけ麺店とラーメン業界にまつわる業者様をマッチングさせる事業を行っています。その際、「当社の持つお客様の声特化型広告」のメソッドを絡めることで、飛躍的にマッチングの成功率を上げています。
現在でこそインバウンドで多くのご依頼などをいただくことが出来ていますが、創業当初は自社メディアも完成しておらず、ラーメン店・つけ麺店様からも業者様からも信頼して任せていただくことに非常に苦労していました。
初めて収益をあげられたのも創業から半年たってからのことで、キャッシュフローを回すのも一苦労でした。ただ、サービス内容やSEOなど、技術面については前職での経験もあり、どういう風にプロモーションをすれば効果が出るかを熟知しておりましたので、一度ご依頼をいただけさえすれば、満足いただける成果を提供することが出来ました。
ご依頼いただいたすべての方々にその都度最高の成果を提供し続け、事例を積み重ねていくうちに、評判を聞いた店舗の方やインバウンドで問い合わせをいただくことも増えて参りました。
今後も純度の高い情報を提供することで、より多くのマッチングの機会を提供していく所存です。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

「お客様の声特化型広告」という提案自体が黒字経営の秘訣であると考えています。インターネットが普及し、様々な情報が氾濫する中、自分の求める正しい情報を見つけだすことは容易ではなくなっています。
当社で運営する「キンキンラーメン道」ではそういった店舗やお客様が真の意味で求める情報をありのままに掲載することを重視しています。当社の場合はラーメン店主様にメーカー様の魅力を語っていただくことで、提供する加工されていない一次情報の内容に信頼性が生まれ、当社の収益へと繋がると考えているからです。
今後は当社のメディアを、英語でも発信していくことで海外からの「Japanese Noodle」に対するニーズを取り込んでいくことも目指しています。また、ラーメンのみならず、様々な外食産業にこのビジネスモデルを当てはめることでさらに大きなスケール感を持って事業を展開して参ります。

Q3.座右の銘

田村代表
「人生お笑い」
中村専務
「楽しさ共有」


特集「田村直己代表 中村潤専務」の記事一覧
もっと読む
  • 大和魂で世界をホンワカパッパ
    /田村直己 中村潤
    2015.02.13

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ